記事

自公両党間で合意した年金法案25日採決を「論外。審議はまだ不十分」と野田幹事長

 野田佳彦幹事長は23日、訪問先の埼玉県春日部市で記者団の取材に応じた。

 自民・公明両党の国会対策委員長が前日の22日、年金改革関連法案(年金カット法案)の審議時間は十分だとして25日の委員会での採決を合意したことに関する受け止めを問われ、「論外。審議時間はまだ15時間ちょっとだと思う。厚生労働省関係の重要広範議案はだいたい30時間前後は審議しているから、その意味ではまだまだだ。法案自体もいくつかの改正法案を束ねたもので、その意味でも、1つ1つの丁寧な議論がまだ出来ていない」と述べ、25日の採決にはまったく応じられないとする考えを示した。

あわせて読みたい

「野田佳彦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。