記事

ビートルズ本当に熱狂していた?

ビートルズは現在も知名度抜群のロックバンドです。ビートルズが音楽の歴史を変えた、日本中の若者がビートルズに熱狂していたといったことがよくいわれますが、実際にそうだったのでしょうか。そのあたりについて、リアルな感覚を記したのが亀和田武による自伝的エッセイ「60年代ポップ少年」(小学館)です。

歌謡曲の時代

本書は、亀和田武が小学校時代から大学時代までを過ごした60年代の風景を、本や音楽や映画といったサブカルチャー的なキーワードから読み解くものです。著者は「ビートルズ嫌い」を公言し、ビートルズ以前にあった豊穣な歌謡曲文化、ポップス文化を愛でています。これは著者自身の、マイナー志向ゆえもあるのですが、ビートルズに熱狂というような状態では決してなかったと述懐します。当時の同級生たちが同窓会などで「ビートルズへの熱狂」という思い出を捏造してしまうこと、思い出補正をはたらかせてしまうことに苦笑しつつ、いくつかの資料にあたりつつ、60年代という時代をふりかえっていきます。

ジャズ喫茶の真実

さらに、著者は、渋谷、新宿さらには中央線沿線の多くの喫茶店に足を運びます。その中にはジャズ喫茶も多くありました。当時、LPレコードはいまの物価からすれば、1枚1万円くらいしたので、お金がない人間は、ジャズ喫茶で音楽に触れるしかなかったのです。その中で、中上健次が通い、ビートたけしと永山則夫がボーイをしていた「ビレッジヴァンガード」というジャズ喫茶の伝説についてツッコミを入れています。伝説のジャズ喫茶のように扱われていますが、実際は終夜営業のさえない喫茶店だったようです。文化的なトピックにおいて「伝説の○○」といったものは多くありますが、それはあとで考えてみれば尾ひれがついているものだったり、チープだったりするものが多くあります。ジャズ喫茶文化もそのひとつなのかもしれません。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「ビートルズ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    「ユニクロ=格好いいから選ばれるブランド」 英国ファッション業界で人気に

    小林恭子

    09月28日 11:51

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  10. 10

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。