記事

北朝鮮大惨事は金正恩氏の「思うつぼ」…脱北が困難に

金正恩氏

「もしかしたら、今後は北朝鮮国民の国外脱出がこれまでより格段に難しくなるかもしれない」

こんな懸念を示しているジャーナリストがいる。韓国の有力紙「東亜日報」で10余年にわたって北朝鮮関連の記事を書き続ける、脱北者出身のチュ・ソンハ記者だ。チュ記者は、「豆満江の変身と大量脱北時代の終末」と題した17日付の記事の中で、要旨として次のように説明している。

ダム放流で村落「消滅」

北朝鮮当局は、台風10号により発生した未曽有の水害の被災地に1万1900棟の住宅を完成させたと発表している。これは金正恩氏にとって、禍を転じて福と為す結果になるかもしれない。北朝鮮当局はこれまで、豆満江の川辺にあった村落が脱北の温床になっていると見て移転を試みていたが、うまく行かなかった。しかし、今回の洪水でその村々は消え、当局は遠く離れた山裾に新たな村を作った。また、新しい住宅には塀がなく、誰が出入りしているか丸見えだ。川に沿って幅広の警備道路が作られ、鉄条網が整備され、監視カメラまで設置された、アリの這い出る隙もなくなる――。

さすが、脱北のリスクを知る当事者だけに、懸念する内容も具体的だ。チュ記者はまた、村民の家に警備隊員が隠れて出入りすることができなくなったことで、彼らが脱北ブローカーや密輸業者と結託するのが難しくなる点も指摘している。

北朝鮮の庶民は、こうした人々によって持ち込まれる海外情報と接することで、「心の自由」を広げてきた。当局は韓流ドラマなどを見る人々に対し厳罰で臨んでいるが、それでも隠れて見る風潮は消えていない。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

しかし、国内の取締りと並行して国境封鎖が強化されたら、多くの人が見るのは難しくなってしまう。

ちなみに、今回の水害の被害は、当局が通告なしにダムの放流を行ったために被害が拡大した。つまりは人災である。

(参考記事:北朝鮮、通告無しのダム放流で洪水被害拡大…国境警備隊数百人が死亡

そのような人災は北朝鮮では珍しくないが、まさか、村を押し流してしまうため、わざとそのような行動に出たわけではないと信じたい。

北朝鮮を脱出して韓国に入った脱北者は3万人を突破したところだが、金正恩時代に入り減少傾向が続いていた。今後、脱北者がさらに減るようなことになれば、ただでさえ分かりにくい北朝鮮国内の様子が、いっそう見えなくなってしまうかもしれない。

(参考記事:「自由」の夢やぶれ韓国でも性的搾取…脱北女性の厳しい現実

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  6. 6

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  7. 7

    "ラ王世代"にはない価値観「これ絶対うまいやつ!」というラーメンが若者に大人気なワケ

    PRESIDENT Online

    08月05日 14:29

  8. 8

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  9. 9

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  10. 10

    東京都で新たに5042人の感染確認 初の5000人超え 2日続けて過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    08月05日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。