記事

「国会審議の変更があれば全面的に協力したい」福島での地震、津波対策で山井国対委員長



 山井和則国会対策委員長は22日、定例記者会見を開き、(1)福島県沖で発生した地震と津波による与党への国会運営の協力(2)鶴保庸介大臣の「政治とカネ」の問題(3)年金カット法案の審議(4)トランプ米次期大統領がTPP離脱をあらためて表明した事――について語った。

 同日早朝に福島県沖で発生した地震と津波への対応については「関係省庁や自治体に対し万全の対応をとるように要請したい。(自民党の)竹下国対委員長に電話して、地震・津波対策に関して国会審議の変更があれば全面的に協力したいと伝えた」と述べた。

 鶴保大臣の「政治とカネ」の問題については「疑惑は2点ある。一つは公選法違反のパーティー券購入。二つ目は官公庁補助金受給の口利き疑惑。パーティー券の購入代金返金で終わりというわけにはいかない。この問題は引き続き追及する」と引き続き疑惑を追及していく構えを見せた。

 年金カット法案については25日にも衆院厚生労働委員会で採決がありうることに触れ、「国民にしっかりとこの法案の中身や問題点も知っていただいて、そのうえで国民的な議論をした上でないと当然採決の環境は整わないと考えている」と述べたうえで、「心を入れ替えて職権にならないように25日に強行採決をしないと約束すれば、25日に円満に審議に応じたいと思っている」と審議のみであれば応じる姿勢を見せた。

 トランプ次期大統領がビデオメッセージを発表し、1月20日の就任初日にもTPPから離脱する意向を宣言すると発表した件については、「安倍総理と会談したうえで、就任初日にTPPから離脱を表明するということをトランプ次期大統領が発言した意味は非常に大きい。これによって、TPPは事実上発効ができなくなるということになる。そうすればこの国会でのTPPの審議の前提も崩れる。このことについてしっかりと、帰国後に安倍総理は国民にいまの現状を報告する責任がある」と述べ、引き続き安倍総理の帰国後に日米関係に関する集中審議を開くことを求めた。

民進党広報局

あわせて読みたい

「地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。