記事

スイス中銀の介入姿勢、市場ではフラン高容認に変化との見方も

[チューリヒ 21日 ロイター] - スイスフランがスイス国立銀行(中銀)による介入にもかかわらず年初から上昇していることに関し、エコノミストらは中銀がフラン高容認に傾きつつある可能性を指摘している。

今月8日の米大統領選でのトランプ氏の勝利を受けてフランが対ユーロで1.07フランまで上昇したことや中銀政策委員の先週の発言は、中銀がフラン高を容認しているとの観測を強める材料となった。

中銀はスイスフラン相場が「著しく過大評価」された場合は為替介入とマイナス金利が引き続き主要な対抗策になるとの立場を崩していない。

ただ、中銀のデウェット・モーザー代理政策委員は先週、為替介入に限界があることを示唆しており、一部のエコノミストは発言に微妙な変化が表れていると指摘している。

モーザー氏は、「われわれは責務遂行のために市場での『役目』を果たしているが、最終的に相場を見つける機能は需要と供給の力関係に委ねられている」と語った。

コメルツバンクの為替専門家は、「この発言は注目に値する」と指摘。「中銀は介入を縮小しているようだ」と述べた。

クレディ・スイスのアナリストらは、中銀が来年は今年よりも介入を控えると予想する。調査ノートで「投資家と企業は、現在の金融政策がフラン高からの保護について明示も暗示もしていないことに留意するべきだ」と指摘した。

スイス経済の力強い成長やインフレ率の緩やかな上昇、米財務省が為替報告書でスイスを新たに「監視対象」リストに加えたことは、今後金融政策に影響を与え得る要因だとしている。

スイスの経済成長率は今年1.5%と、昨年の0.8%から加速すると見込まれている。

ただ、中銀はフラン相場を完全に市場原理に委ねることはないとみられている。UBSのアナリストは「現在の状況下で中銀が介入の即時終了を示唆するとは思わない」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  9. 9

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。