記事

【12/8(木)開催】ドローンが活躍する現代の戦争とは―映画『アイ・インザ・スカイ』試写会&トークイベントを実施

罪なき少女を犠牲にしてでもテロリストを攻撃すべきか。ドローンが活躍する現代の戦争における正義とモラルとは——

イギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アラン・リックマン)と共に、アメリカ軍のドローン偵察機を使い、遠く離れたケニア・ナイロビでのテロリスト捕獲作戦を指揮している。

ドローンによる作戦の最中、テロリスト達が大規模な自爆テロを企てていることが判明。パウエル大佐からの指令を受けたアメリカ軍の新人ドローン・パイロット、スティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)は攻撃準備に入るが、殺傷圏内に幼い少女を見つけてしまう。

パウエル大佐は、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――

ファントム・フィルム

試写会&トーク・イベントに80名様をご招待


今回、BLOGOSでは株式会社ファントム・フィルムとの共同企画により、本作品のBLOOGS読者向け特別試写会を実施。80名様を無料ご招待します。なお、上映後には「ドローンと現代の安全保障」をテーマに、トークイベントを実施します。登壇者はジャーナリスト・田原総一朗氏と作家・猪瀬直樹氏。作品のお話を中心に、現在の安全保障について語っていただきます。ふるってご応募ください。  

登壇者

  • 田原総一朗(ジャーナリスト)
  • 猪瀬直樹(作家)

応募要項

日時2016年12月8日(木)開場17時30分 開映18時15分
※上映終了後、小休憩15分を挟み、20時15分ごろよりトークショー開始
20時15分〜トーク・イベント
21時00分終了予定
参加費
無料
定員80名
会場アキバシアター
東京都千代田区神田練塀町3)
申し込み方法応募は締め切りました。
※当選者の発表は、ファントム・フィルム株式会社からの ご案内メールの送信をもってかえさせていただきます。
※トーク・イベントのみのご参加はお断りさせていただきます。また、上映が開始されてからのご入場はお断りさせていただきますので、予めご了承ください。


登壇者プロフィール

BLOGOS編集部
田原総一朗(たはら そういちろう)
1934年滋賀県彦根市生まれ。早稲田大学文学部卒業。
岩波映画製作所 テレビ東京を経て、77年フリーに。テレビ朝日系で87年より『朝まで生テレビ』、89年より2010年3月まで『サンデープロジェクト』に出演。テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞。 『日本の戦争』(小学館)、『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』講談社)、『誰もが書かなかった日本の戦争』(ポプラ社)、『田原総一朗責任 編集 竹中先生、日本経済 次はどうなりますか?』(アスコム)など、多数の著書がある。


猪瀬直樹事務所
猪瀬直樹(いのせ なおき)
1946年、長野県生まれ。
87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年6月末、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。その戦いを描いた『道路の権力』(文春文庫)に続き『道路の決着』(文春文庫)が刊行された。 06年10月、東京工業大学特任教授、07年6月、東京都副知事に任命される。2012年12月、東京都知事に就任。2013年12月、辞任。2015年9月、財団法人日本文明研究所所長就任。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。