記事

第19回【紀見峠】信繁が九度山を脱出し、大坂城へ入ったルートを考察 『真田三代』 (火坂雅志 著)|短期集中連載 NHK大河ドラマ「真田丸」の舞台 真田氏ゆかりの地をめぐる|山下 久猛

1/2
画像を見る
『徳川実紀』では信繁一行が越えたとされる紀見峠

●豊臣方からの莫大な支度金

 慶長19年(1614)7月、家康が豊臣家を滅ぼすための言いがかりとしか思えない「方広寺鐘銘事件」が起こる。この時、大坂城全体の仕切り役で、14年の歳月をかけた方広寺大仏殿の建設プロジェクトや大仏の開眼法要、秀吉の17回忌の法要の奉行を務めた片桐且元は、徳川方と何度も交渉を重ねるが失敗。10月1日、家康は、諸大名に大坂追討を命令した。

 同日、且元は大坂城を退去。九度山に使者を送り、信繁に九度山を脱出して大坂城に入ってほしいと頼んだ。その際、大坂方の使者は信繁に支度金として黄金200枚、銀30貫を渡した。地元の歴史家・岩倉氏によると、現在の貨幣価値で約8億7500万円もの大金になるという(7億5000万円という説も)。このことから、いかに豊臣家が信繁を高く評価していたことがわかるだろう。

●九度山脱出、いざ大坂へ

 九度山で長く穏やかな余生を送るよりも、もう一度豊臣家のために戦場で命を燃やすことを選んだ信繁は、九度山を脱出して大坂城へ向かうことを決意。信繁が九度山を脱出したのは、史料によると慶長19年(1614)10月9日で、大坂入城は10月10日とされている。しかし、九度山から大坂入城までのルートに関しては、一般的には信繁は九度山から紀見峠を通過したとする説が知られているが、決定的な説とはいい難い。そこで、1つの説として、この連載記事の取材協力、監修をしていただいている地元の歴史家・岩倉哲夫氏の説を紹介しよう。

●3つの部隊、計300人

 信繁はどのくらいの人を引き連れて大坂城に入ったのだろう。徳川方の『駿府記』や高野山側の『高野春秋編年輯録』(以下『高野春秋』)では全体として300人程であったと記載されている。しかし、真田氏側の記録「真武内伝」には130人、「真田家譜」には150人とある。これはどういうことか。

『駿府記』『高野春秋』によれば、300人の集団は、

(1)九度山在住の信繁とその家族・家臣、ならびに九度山周辺の旧官省符荘の荘官等(130~150人)

(2)高野山僧の集団(123人)

(3)那賀郡の在地武士等(30~50人)

の3つに分類される。

 つまり、「真武内伝」や「真田家譜」に記載されていたのは、(1)の人数のみだったということだ。しかし、(2)(3)の集団が九度山の信繁の下に参集して一緒に大坂入城したとは考えにくい。そんなことをしたら徳川方の監視に一発でバレてしまうからだ。よって、(2)と(3)の集団には、あらかじめ出発の日時が伝えられ、別々に行動し、中高野街道付近で合流して平野、岡山を経て大坂城南東の惣構入口の平野口から入城したと考えるのが妥当だろう。ではそれぞれの部隊の構成要員と通ったと思われるルートについて考察していこう。

(1)九度山在住の信繁とその家族・家臣、ならびに九度山周辺の旧官省符荘の荘官等

 19世紀前半に編纂された江戸幕府の公式記録である『徳川実紀』の慶長19年10月14日の条には、信繁が村の住民に酒を振舞って酔い潰し、その隙に九度山を脱出したとある。とみに有名な話で、これと同様な話が「武辺咄聞書」にもあり、大河ドラマ「真田丸」でも『真田三代』でもその様子は劇的に描かれている。また、信繁が宴に招いた九度山村の住民に、「大坂入城をしてしまうと住民に迷惑をかけてしまうことになるから申し訳ない」という心中を話したところ、逆に住民らが「自分たちのことは気にしないでぜひ大坂城に行ってください」と信繁に大坂入城を勧めたとの伝承もある。(「翁物語」)。しかし、これらの話は後世の人々の脚色で、住民は信繁の九度山脱出を見て見ぬふりをしていたというのが実際のところだろう。

 実際に信繁に随行したメンバーについては、妻や大助などの家族の他、高梨内記、青柳春庵らの家臣、それ以外では、九度山周辺の在地武士や村人らと考えられている。連載第16回でも触れたが、村人の中には高坊常敏、亀岡帥、田所庄左衛門、中橋長成らの名前が見られる(『高野春秋』)。高坊、亀岡、田所の三氏は、中世は在地武士団の政所一族を組織し、当時は高野山の荘園を管理していた旧官省符荘の四荘官の家であり、中橋は高野政所の別当家を称していた家である。この他にも「真田丸」や『真田三代』で描かれていたように、志願して同行した地元の村人も少なからずいたようだ(ちなみに四荘官の岡氏だけは信繁に従っていない)。

 この信繁一行が辿ったルートだが、『徳川実紀』によると、九度山脱出後は妻子を駕籠に乗せ、橋本峠(紀見峠)を越えたとある。しかし、そもそも紀見峠は中世以来、政治的変動が起こった際には警備が固められていたことが中世史料に記されているし、戦国時代にも紀州の領主・浅野氏によって大坂と高野山を結ぶ最も重要な通路として警戒されていた。さらに徳川氏と豊臣氏の関係がますます険悪になっていたことから、紀見峠の警戒はさらに厳重さを増していたと考えられる(『武辺咄聞書』、『大日本史料』十二編之十五)。実際に長晟は高野山、九度山周辺の住民や紀見峠近辺の百姓に、信繁が九度山を脱出し大坂へ向かうことを阻止せよとも命じている(『武辺咄聞書』)。その上、当時、紀州と大和の国境付近も大和二見の大名、松倉重政によって厳重に警戒されていた。これらの事実によって紀見峠を通ったとする説は信憑性を欠くと言わざるをえないのだ。

 では、信繁らはどのようなルートを通って大坂城に入ったのだろうか。実際には、地元の旧官省符荘の荘官が付き従っているのだから、地元の住人しか知らない、目立たない裏道を通ったと考えるべきだろう。具体的なルートは、九度山から船で紀ノ川を下って中飯降村へ行き、そこから槙尾道となる四郷を通過して蔵王峠を抜けて、滝畑から中高野街道へ出たと考えられる。

(2)高野山僧の集団

 高野山僧については、『本光国師日記』によると、役寺院僧5人、小寺院僧7人、これに従属する者111人の合計123人。この集団は、最短の黒河(くろこ)道を通過して紀見峠を越えたと思われる。前述の通り、浅野長晟によって紀見峠が警戒されていたが、高野山の僧たち、もしくは山伏装束の者が大勢で通っても、修行中の行脚だと申告すれば怪しまれることはほぼなかっただろう。

(3)那賀郡の在地武士等

 那賀郡の在地武士は紀ノ川南岸の高野山と深い関係にあった。信繁に従ったのは、旧荒川荘官の奥氏、平野氏、旧吉中荘の中氏など総勢30~50人。この集団は紀ノ川を渡り、岩出を経由し、風吹峠を越え、徳川方の大名を避けるため、中高野街道方面へ迂回して大坂城に入ったと考えられている。

 この3つの集団は別々に行動して中高野街道のある地点で合流して約300人で平野、岡山から平野ロあたりで大坂入城を果たしたと考えられる。彼らが別々に越えたとみられる和泉山脈の道は、高野聖や葛城修験者がよく通っていた道である。ゆえに、『徳川実紀』や「武林雑話」に記載されているように、信繁たちが山伏姿で大坂に入城したというのは本当だったのかもしれない。

画像を見る
『高野詣』(河内長野市立郷土資料館刊、2007年)から引用した図に加筆

 ちなみに、信繁の大坂入城を聞きつけた信之の家来の中には、大坂城へ行ってはならぬという命令を聞かずに信繁のいる大坂城へ馳せ参じた者も何人かいるという。こういう家来がいたことや、高野山の僧侶や在地武士、村人など家臣以外にも信繁に随行した者がたくさんいたこと、徳川の監視の目をかいくぐり、九度山から大坂入城を果たせたことなどから、信繁がいかに多くの人から愛され、尊敬されていたかがわかるだろう。

 こちらも余談だが、信繁たちが九度山を抜け出して大坂城に入ったことは、10月13日に高野山行人方の文殊院応昌によって三河にいた金地院崇伝に通報され、これが京都所司代の板倉勝重に報告されている(『本光国師日記』一三)。信繁が大坂入城したのは10月10日で報告が3日も遅れているのは、高野山行人方の僧が徳川から通報の任を負わされたため義務的にしたもので、信繁の大坂入城を積極的に阻止する意図がなかったことを示すものだろう。

●信繁の大坂入城の年齢

 信繁が大坂城に入ったのは何歳の時だったのだろう。定説となっている永禄10年(1567)誕生説に従えば、数え年48歳となり、「長国寺過去帳」などによる元亀元年(1570)誕生説をとれば、数え年45歳となる。「長沢聞書」によると、信繁の入城時の年齢は、「外見上では44~45歳」となっているが、定説に従えば少し若く見えたことになる。

 連載第15回で記したように、当時信繁は歯が抜けて髭にも白いものが目立つような外見だったわけだから、決して若くは見えなかったことになる。しかし、再び戦いの場、武士としての最後の働き場所を得られた喜びが信繁を若返らせたのかもしれない。

あわせて読みたい

「真田丸」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  7. 7

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  8. 8

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  9. 9

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。