記事

脳血管撮影の話。血管撮影とは。

今回は脳血管撮影についてです。

脳血管撮影ってなんだ??と思う方も多いと思うので、まず今回は血管撮影とはなにか?から始めます。

血管撮影とは、読んで字のごとく、体の中の血管を撮影することです。

具体的には血管の中に造影剤を流し込んで、それをX線透視装置で撮影するというものです。

造影剤はX線を吸収するので、造影剤の通る血管は黒く映ることで、人間の体の中の血管の形や走行、分岐などを調べることができます。

もちろん、動脈瘤なんかがある場合もこれで分かります。

血管の中に造影剤を流すためには、血管に何らかの管を入れなければいけません。

血管に針をさして、そこから直接造影剤を入れることも可能ですが、現代ではカテーテルというものを用います。


カテーテルとは、つまり管ですが、これを体の中の血管に進めていくことによって、造影したい動脈をピンポイントで造影することができます。

心臓の冠動脈撮影など、カテーテルを用いた様々な血管撮影や血管内治療は一般にも浸透しつつあるかもしれません。

脳血管撮影とは、こういった方法によって造影剤で脳の血管を見るものです。

以前は頸の動脈に直接針を留置して、そこから造影剤を流し込むことで撮影を行っていましたが、これも現代ではまずカテーテルを使う方法がとられます。

カテーテルを通すためには、自由に血管内にカテーテルを出し入れできるようにするために、足や腕の太い血管にまずシースと呼ばれるものを留置します。

具体的には、まずそれらの太い血管に針をさして、その針の内腔にガイドワイヤーというものを通します。

ガイドワイヤーとは柔らかい金属のワイヤーのことです。

そして外側の針を抜き、ガイドワイヤーだけが血管内に入っているような状況とした上で、ガイドワイヤーをガイドにして、シースにガイドワイヤーを通す形でシースを血管内に留置します。
これでガイドワイヤーを抜けば、シースがきっちり血管内に留置されることになります。

そしてこのシースからカテーテルを通し、透視によってカテーテルの位置を確認しながら、撮影したい血管にカテーテルを進めるのです。

脳血管撮影の場合は、両側の内頸動脈、椎骨動脈、外頸動脈がターゲットになります。

これらの血管までうまくガイドワイヤーなどを使いながらカテーテルを進め、造影剤を流せば、その先の頭蓋内の血管の様子なども撮影できます。

といっても体の中の血管は複雑な形をしていますので、カテーテルを進めるのも一苦労な事もあります。

若い患者さんの場合は動脈硬化もなく、血管も太くてスムーズなため比較的簡単な事が多いのですが、高齢で動脈硬化が激しい場合などは、血管もくねくね曲がっていたりして、カテーテルを進めることが困難な場合もあります。

カテーテルの内腔に通したガイドワイヤーを進めて、なんとか目的の血管の中にまでガイドワイヤーを留置し、それをガイドにカテーテルをそこまで進めていきます。

しかし、ガイドワイヤーを使ったとしても、難しい場合はなかなか簡単には入りません。

目的の血管を撮影するのにとても苦労することもあります。

カテーテルやガイドワイヤーなどの器具がどんどんと進歩し、簡単に血管撮影が行えるようになった今日でも難しい時は大変なのです。

脳の血管撮影を行うことによって、脳動脈瘤や脳血管の閉塞、血管奇形、静脈血栓症など、たいていの血管系の病気が分かります。

脳腫瘍の場合でも、血管撮影を行うことによって、どの血管から腫瘍が栄養されているか??

などもはっきりとさせることができます。

血管の情報というのはとても重要なんですね。

しかし、近年ではこの脳血管撮影の頻度というのは減っています。

というのも、MRIやCTが進歩したため、脳血管撮影のかわりとなるような画像が得られるようになったのです。

CTの場合、3DCTAと言って、造影剤を使うことで血管の情報を得られます。

造影剤は静脈からの注入で行うため、点滴から行うことができます。

脳血管撮影のように動脈にシースを留置して、カテーテルを進めて、なんてことは必要ありません。

MRIによる血管の検査はMRAと言いますが、これは造影剤すら必要ありません。

脳血管撮影は先程書いたような手順が必要な上、針を刺したり、体の血管にカテーテルを進めたりと、大変です。

そして患者さんにとってもリスクがあります。

それに比べると3DCTAやMRAはリスクがほとんどありません。

脳血管撮影のリスクは、血管の損傷、脳梗塞といった怖いものが起こりえます。

これらは1%未満程度で起こると説明されますが、最近はカテーテルなどの器具も良くなっていますし、丁寧に検査を行えば1%よりももっと少ない確率でしょう。

また他には穿刺部の出血、皮下血腫もあります。

ほとんどリスクのない3DCTAやMRAと比べると、やっぱりハイリスクですよね。

よって最近は検査目的の脳血管撮影はやや減少傾向にあります。

しかし、未だに脳血管撮影が血管について最も多くの情報を与えてくれることは変わりありません。

CT MRIではよくわからないような、細い血管まで見る事ができますし、なにより、連続撮影で撮るので、血流の流れのダイナミズムをリアルタイムで見る事ができます。

CT MRIは完成した血管の像をみるだけなので、血流の流れは分からないんですね。

さらに3D ANGIOというように血管撮影にて透視装置を回転しながら血管を撮影すれば、きれいな血管の立体像も得られます。

様々なシーンで、未だにこの脳血管撮影は脳外科ではなくてはならない検査なのです。

なんとなく、どんな検査か分かっていただけたでしょうか?

この脳血管撮影は検査として血管を撮影するものですが、一歩進めると、カテーテルによって動脈瘤などの血管の病気を治療する 血管内治療 となります。

近年の医療において、もっとも進歩している分野の一つかもしれません。

次回は誕生秘話として、この血管撮影の誕生にまつわる、壮絶な話を紹介します。

長くなりましたが、今回は次回の話のための前置き、基礎知識の紹介でした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  10. 10

    福島みずほ氏が社民の消滅を阻止

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。