記事

11月17日(木)ムネオ日記

 15日・16日、18時半より東京国際フォーラムで松山千春さんのコンサートがあり駆け付ける。5500人収容のホールAが2日間とも満員である。

 芸能関係者に聞くと毎年このホールでコンサートをするのは松山さんだけとのことである。しかも年4回というのも松山さんのみだそうだ。

 松山千春さんは今年デビュー40周年を迎えた。熱心なファンに支えられてのこの尊く重い年月だが、しみじみファンに感謝するその姿に松山さんの人柄がにじみ出ていた。

 北海道出身のアーティストで人気が出てくると皆、東京に生活基盤を移すが、デビュー以来、松山さんは北海道から離れない。北海道にこだわるポリシーに私は感動している。

 昭和52年1月25日「旅立ち」でデビューし、8月8日初めてのコンサートを札幌厚生年金会館(今はニトリ文化会館)でスタートし、大倉山シャンテ、真駒内競技場等、10万人・5万人の屋外でのコンサートにも足を運んだことを想い出しながら松山さんとの長い人間関係に感謝したものである。

 昭和58年12月の私の最初の選挙、時には後援会長、時には遊説隊長、時には広告塔と先頭に立ってくれ、何よりも平成14年6月から辛く厳しい時でも一心に支えて下さった。

 11月4日、東京での鈴木貴子の結婚披露宴で最初の選挙の想い出を含め熱く語ってくれた松山さんでもあった。

 人生、この人に出会えて良かったとしみじみ思いながら、松山さんのデビュー50周年を今から心待ちにするものである。

あわせて読みたい

「松山千春」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  8. 8

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

  9. 9

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  10. 10

    NYポストのバイデン記事は陰謀か

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。