記事

来年にも発売される究極のAIの正体 スケジュール管理からレストランの予約まで - 土方細秩子

「この技術は世界を変える可能性がある」そう信じてドイツ人投資家でコンサルタントのガブリエル・ヴィーバック氏は、オレゴン州ポートランドのスタートアップ企業、キメラ社への投資を決意、同社の取締役に就任した。世界を変えられる技術とは何か。キメラ社の創設者兼CEO、モウニール・シータ氏がAIワールド・エキスポ会場で同社が開発するAGI(Artificial General Intelligence)「ナイジェル」のデモンストレーションを行った。

 シータ氏は「AIはもう古い。AIでは儲けを生み出すビジネスモデルは構築できない」と言い切る。例として挙げるのが米企業ブロックバスターとネットフリックスの差異だ。この2つの企業は元々ビデオなどの貸し出しを行うライバル企業だった。しかしブロックバスターが小売店での貸しビデオにこだわる間に、ネットフリックスはコンテンツダウンロードによるストリーミングへとビジネス形態をシフトさせた。その結果、ブロックバスターは倒産、ネットフリックスは今日隆盛を極めている。

目的を設定することができるAI

 AIそのものがまだ黎明期にある新しい技術として注目される中で、それを古いと言い切る理由はズバリ、「現在のAIはタスク目的のアルゴリズム構築が主流である。しかしAGIはゴール(目的)を設定するだけのシングルアルゴリズムにより自分で成長することができる。タスクはゴールに到達するためのプロセスでしかない」ためだ。

 現在のインターネットはパッシブ(受け身)である。中核にグーグル、フェイスブック、ヤフーその他が存在し、そこからアプリ、エンドユーザーへとクラスターが伸びる。この中で結局敗者となるのはデバイス製造業社とネットワークオペレーターだという。なぜなら普及に伴いデバイス価格はどんどん下り、ネットワーク使用料もまた下がる。金を生み出すのはデータコレクターである中核の企業だけ、ということになる。

 シータ氏によると、2004年の時点でグーグルアンドロイドとコネクトできる車のシステムをすでに作っていたメーカーがある、という。しかしこの自動車メーカーは市販化を躊躇していた。なぜなら全ての顧客データなどがグーグルに流れることを警戒していたためだ。

 しかしシータ氏は当時から「デバイス同士のコネクト」を提唱し、2005年からAGIシステム、ナイジェルの開発に取り組んできた。今年8月からベータ版のテスト運用を行い、デバイス製造企業にナイジェル埋め込みシステムの販売を打診している。「もし1兆のデバイスが相互にコネクトできればスーパーAIが誕生する」と言ったのはソフトバンクの孫正義会長だが、シータ氏はそれを実現しようと考えていた。

 ナイジェルのビジネスモデルはいたって単純だ。コグニティブ・インテリジェンスとしてのナイジェルとナイジェル・クラウドをつなぎ、それがあらゆるデバイス(PC、携帯、家電、車など)とコネクトする。これによりプロアクティブ・インテリジェンス・インターネット網を構築。データコレクターとなる仲介サイトを飛ばしてアプリが直接デバイスや他のアプリと連携する。

 理解しやすい例としてシータ氏が挙げるのは「もしスマート下着があったら」という仮説だ。スマートな下着は、着用者のおならを分析して異常を発見すると自動的に医師に報告する。これに基づき医師が診断、保険会社に請求が行われる。保険会社は病気の早期発見に役立った、としてスマート下着メーカーにキックバックを行う。スマート下着は恒常的に金を生み出す存在になる。

 これをスマート家電、例えば冷蔵庫に置き換えてみる。スマート冷蔵庫は在庫を確認し、オーナーに「ミルクと卵が不足している」と伝える。オーナーは冷蔵庫からの指示に基づき買い物をする。冷蔵庫とコネクトしているスーパーマーケットから冷蔵庫に対しキックバックがある。これを計算すると、冷蔵庫の寿命を18年としてなんと冷蔵庫は1万5000ドル近くを生み出すデバイスとなる、という。

 これは卑近な例だが、このようにデバイス同士が連携することでより大きな図式、例えばガンの治療、世界の飢餓の撲滅、資源の節約と言った目的が果たせる可能性もある。AGIがコントロールする世界には「在庫」が存在せず、無駄が省ける分資源の乱用が減り、発展途上国に回る物資も増えるためだ。

 ナイジェルの現在の実力のデモンストレーションでは、笑いを誘うエピソードが多く見られた。例えばプレゼン中のシータ氏のデバイスに、重要な顧客である大企業のジョーンズ氏から連絡が入る。するとナイジェルは自分でジョーンズ氏に返信、シータ氏のカレンダーから空き時間を割り出して「今は忙しいが、今日の午後1時なら面会可能」と連絡する。その後シータ氏に対し「ジョーンズ氏は重要な顧客だから午後1時に面会することを勧める」とメッセージを送信する。

「先週ジムに行くのを怠っているのでハンバーガーは勧めない」とAI

 シータ氏はここでナイジェルに「ではジョーンズ氏とランチの約束を」と指示を出す。次にナイジェルが行うのは周辺のレストランの調査だが、普通のAIによるパーソナルアシスタントとの違いは、候補レストランのリストを送るのではなく勝手にレストランを指定、さらにメニューまで選ぶ、という点だ。

 今回ナイジェルは付近のカフェを選び、サラダなどの軽いメニューを選んでシータ氏に送信。これに対しシータ氏が「ハンバーガーはないの?」と聞くとナイジェルは「あるけれどもあなたは先週ジムに行くのを怠っているのでハンバーガーは勧めない」と答えるのである。

1年以内に販売開始

 ベータ版を使い出したのは今年8月というから、わずか3カ月でナイジェルはここまでシータ氏の日常を把握し、的確というべきかお節介とも言える機能を提供するまでに成長したことになる。シータ氏によると「使えば使うほどにナイジェルは進化し、よりパーソナルな情報を学び個人の嗜好を理解する」という。例えばシータ氏が妻と外食する際、ナイジェルは「ベビーシッターからの電話以外の全てを自動的にシャットダウンする」という。

 キメラ社は2012年に設立されたばかりの企業であり、ナイジェルはまだベータ版の段階だ。しかし今後半年から1年以内にライセンス提供という形での販売を目指し、来年にはより成長したナイジェルを披露する予定だという。

 ナイジェルは本当に現在のインターネット、AI、アプリなどのビジネスモデルをぶち壊し、世界を変える技術となり得るのか。答えが出るのはそう遠くない将来になりそうだ。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本政府は韓国に制裁を用意せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    日韓断交を阻む韓国詣での日本人

    門田隆将

  3. 3

    大前研一氏の日産「予言」に絶賛

    キャリコネニュース

  4. 4

    島国日本のゴーン氏逮捕劇に懸念

    小林恭子

  5. 5

    日産幹部の司法取引に重大な疑念

    郷原信郎

  6. 6

    欲しい物ない大塚家具の在庫SALE

    常見陽平

  7. 7

    赤字ライザップにプロ経営者が喝

    大関暁夫

  8. 8

    イッテQめぐり朝日がブーメラン

    中田宏

  9. 9

    宗男氏 ゴーン氏の逮捕に疑問

    鈴木宗男

  10. 10

    河野外相 誤解を招く赤旗に反論

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。