記事

トランプの「プラウダ」、ブライトバートとは? 

昨日、トランプが二人の重要な人事を発表しました。

ひとりはラインス・プリーバスで、彼は首席補佐官になります。

普通、首席補佐官はホワイトハウスの最も重要なポストで100人前後の部下がつきます。

ラインス・プリーバスは共和党全国委員長を長く務めたひとで、物腰がやわらかく、ポール・ライアン下院委員長の友達です。

今後、トランプが税制改革などで下院と協働する際、この人脈は重要になります。

ラインス・プリーバスを首席補佐官に据えることを強力にプッシュしたのは、イヴァンカ・トランプです。

さて、昨日はもうひとり、重要な人事が発表されています。それは首席戦略官兼上級顧問スティーブン・バノンを起用した点です。

首席戦略官兼上級顧問というのはバノン氏のために特別に設けられたポストで、昨日のニュース・リリースではバノン氏の名前の方が上に来ています。その理由は、伝統的に存在してきた首席補佐官というポストの重要性は、いまさら強調するまでもなく、誰でも知っているからだと思います。

それではスティーブン・バノンという人はどんな人かということですが、彼は「ブライトバート」というニュース・サイトの仕掛人です。もともとブライトバートはハフィントンポストの立ち上げに参画した、アンドリュー・ブライトバートという人がニュース・アグリゲート・サイトとして始めたウェブサイトです。

しかしアンドリュー・ブライトバート氏が心臓発作で急死した後、スティーブン・バノンがブライトバートの運営に乗り出し、同サイトをオリジナル記事を中心とした保守系ウェブメディアに衣替えしました。このメディアを「あれはヘイト・サイトだ」という風に捉える既存メディアも多いです。

スティーブン・バノン氏は首席戦略官兼上級顧問に抜擢されたので、ブライトバートの運営からは離れます。しかしこの保守系ウェブメディアは「トランプのプラウダ」のような大本営発表サイトになるのではないか? という懸念は根強く残っています。

ブライトバートの編集長は、「わがウェブメディアはトランプの宣伝局ではない。もしトランプが保守の理念から逸脱した場合、われわれはそれを鋭く批判する用意がある」とし、独立性を強調しつつも、右翼の急先鋒としての立場を明快に示しています。

このようにトランプとブライトバートの関係は、あいまいですが、トランプ政権がヘイトを煽ろうと考えれば、それを直ちに行動に移すことが出来るというわけです。

トランプは大統領に選ばれて以降、かなりトーン・ダウンしています。

しかし、「ヘイトは、消えていない」ということに投資家は引き続き注意を払うべきでしょう。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。