記事

フォーエバー・ヤング

以前の記事でも書いたことですけれど、自分がいつまでも若いと思っている人は少なからずいる気がしますね。自分がいつまでも若いと錯覚している人が若者を優遇せよと説いては問題を世代間対立へとすり替えようとする間にも、派遣などの若者向けの雇用ばかりが増え続け、若くなくなってからも働ける仕事は減るばかり、若者の働く場は増えたけれど若者の未来は失われてゆく、とりわけ雇用面ではそういう状況が続いてきたわけです。永遠に若者でいられるならば日本は楽園だけれど、いずれ年を取る人にとって日本は絶望的、そういう方向へと突き進んできたのではないでしょうか。

 社会保険料、とりわけ医療保険や年金に関しても、いつまでも若いつもりでいる人の声が大きかったりします。結局のところ医者に掛かるのは高齢者が多い、年金を受け取るのも言わずもがなですから、若い人にとっては負担感ばかりが強い制度にも思えるのでしょう。そこで医療保険や年金の削減案も少なからず支持者が出てくるわけですが、一方で自分もいずれは年を取ることを理解している人にとって、自らの将来の保障がどうなるかは切実な問題でもあります。自分をいつまでも若者だと思い込んでいる人にとっては別なのでしょうけれど。

 日本の年金制度は(他の国も似たようなものですが)経済成長を前提としています。分配のパイが増えることを前提としている制度ですから、日本だけが例外的に経済成長を止めた結果として当然のことながら収支が怪しくなってくる、現役世代の負担増や政府の財源を圧迫する要因ともなるわけです。国によっては社会保険料の事業主負担を大きくしたりもしているようですが、日本の場合は国債発行で穴埋めしている感じですね。年金は、国債を買っている、つまり「国にお金を貸し付けている」人によって支えられているとも言えます。そして国にお金を貸し付けているにも関わらず、なぜか自分が借金を負ったかのごとく錯覚する人もいる、と。

 しばしば、高齢者が日本の金融資産の大半を保有し〜みたいなヨタ話を聞かされます。そりゃ、人は生まれながらにして金融資産を保持しているものではなく、資産もまた生きていく中で次第に蓄積されていくものですから、年齢が上がるにつれ保有する資産が増えていくのは当たり前の話なのですが、じゃぁ預けられた金融資産がどう使われるかと言えば、結構な分量が国債購入へと振り向けられてもいるわけです。多額の金を預けている人ほど間接的に国債を購入しており、その国債によって年金もまた支えられているとしたら、金融資産の大半を保有していることになっている高齢者こそ年金を支えるのに貢献していることになります。意外と、整合性がとれている感じでしょうか。

 小泉政権下で急速に日本の経済格差が拡大したとき、その原因を高齢者の増加に求める人がいました。年齢層が上がるほど貧富の格差は大きくなるため、高齢化の進展に伴い自然と経済格差は拡大するのだと、そう主張する人もいたわけです。高齢者の増加だけで説明するのは乱暴に過ぎますが、確かにそれも一因には違いなく、高齢層の経済格差は決して放置できるものではありません。だから年金や医療保険など社会保障の充実も欠かせないのですが、小泉ですらもが認めた高齢層の格差の大きさを無視し、高齢者の保有する資産の算術平均の大きさだけを論拠として「年寄りは金持ちだから年金は削減すべきだ」みたいなことを真顔で語る人がいるのですから呆れます。ごく一部の超富裕層が平均を引き上げているだけで、貧困層もまた多いのが高齢者なのですが。

 もし年金や医療制度の財政バランスをどうにかしたいなら、少数で平均を引き上げている資産家(年齢問わず)に応分の課税をするしかないのですが、それをやってしまうと富の再分配になってしまう、小泉政権下で拡大させた格差を縮小させてしまう、すなわち改革に逆行することになりますから、これを厭う人も多いのでしょう。ゆえに、高齢者を一括りに富裕層と見なしては年金支給や医療扶助を削減しようと、そういう主張を素面で繰り返す人も出てくるわけです。それをあたかも、若年層の負担を軽減するためであるかのごとく装うのも常套手段ですね。

 自分が高齢者になったときまでは想像できなくとも、自分の親が年金受給年齢になったときのことぐらいは想定されてしかるべきものです。今まで親に養われるばかりだった世代、高齢者を支えるのはパパとママの仕事としか感じられない世代にしてみれば、ともすると年金制度は不公平感を抱かせるものなのかも知れません。ただ、自分の祖父母や両親がロクに年金を受給できず、医療費も大半が自己負担となってしまったとしたらどうなるでしょう。祖父母や両親がどうなろうと知ったことではないという人にとっては、やはり年金制度や高齢者向けの医療制度は負担感ばかりが強いものとなりそうです。

 一方、自分の祖父母や親を捨てるわけにはいかない人にとって、祖父母もしくは親が年金とそれまでに貯め込んできた金融資産で経済的に自立できるのか、それとも自分が金銭面でまで支援してやらねばならなくなってしまうのかは死活問題です。正直なけなしの収入で親世代を養うのは苦しいですから、ちょっとぐらい現役世代に負担の重い制度であっても年金が親世代にしっかり支給されていた方が子供としても楽に思えるのですけれど、そうは考えない人も少なからずいるらしいのが不思議なところです。なにせ自己責任の国ですから、親は親で勝手に生きろ、子世代に頼るなというのが割と普及した考え方なのかも知れませんね。いやはや、今は良くとも将来が心配です。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  3. 3

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  7. 7

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  8. 8

    "シニア向け"商品をヒットさせるために絶対やってはいけないこと

    PRESIDENT Online

    09月23日 15:18

  9. 9

    自民党総裁選⑽ 河野候補の発言で誤解を招かないように 党部会は日本型民主主義の根幹

    赤池 まさあき

    09月23日 11:26

  10. 10

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。