記事

【ソウル発】「安倍寿司友」と「親朴記者」 酷似する日韓マスコミ事情

画像を見る

「MBCは100万人キャンドル集会を、誰もいなかったかのように暗い場所から中継した」とMBC記者(右)自らが明かした。=15日、ソウル・プレスセンタービル 撮影:筆者=

 100万人が参加した12日の集会の前日。デモ隊が大統領府(青瓦台)の手前約1キロの地点に差し掛かった時だった。デモ隊の10倍もの人数で立ちはだかる機動隊の脇から続々とマスコミのカメラマンたちが現れた。

 脚立を置く音がガチャガチャとうるさい。権力のリークを受けて動くのは日本も韓国も共通のようだ。

 15日、さらに確信を深める出来事があった ―

 「青瓦台(大統領府)に出入りする記者たちは大統領に質問しろ」。マスコミ労組などからなる『言論団体非常時局会議』が声明を出したのである。

 声明文は続く・・・「言論機関は崔スンシル・ゲートの共犯者ではないか、と言われている。それなのに(記者は)主犯格である大統領に何も質問しない。誰が青瓦台記者団を信頼するだろうか」

 青瓦台詰め記者たちが権力に飼いならされていて、大統領を追及しないことへの怒りである。

 青瓦台詰め新聞社の記者によれば、朴クネ大統領は予め出した質問しか答えない、という。安倍首相と全く同じではないか。

 日本では「アベ寿司友」という呼び名があるように韓国には「親朴記者」という言葉があるそうだ。

画像を見る

「青瓦台に出入りする記者達は大統領に質問せよ!」。横断幕にギョッとした。=15日、ソウル・プレスセンタービル 撮影:筆者=

 朴政権のメディアコントロールは安倍政権と同じくらい巧妙だ。朴政権にすり寄るメディアには恩恵を与え、批判的なメディアには不利益を被らせる。青瓦台では親朴メディアが独立系や反体制のメディアをいじめたりするのだそうだ。

 青瓦台詰めの記者とワシントン特派員はエリート中のエリートで、将来会社の幹部となる。これまた日本のマスコミと同じではないか。
 
 こうしてマスコミ幹部になると、青瓦台の意向を忖度して都合の悪い記事を掲載させないようにするのである。

 MBC(韓国文化放送=公共放送)の記者は言う。「崔スンシル・ゲートについては、知っていたのに書かなかったとまでは思わない。だが、政権を危うくするような事を報道したりはしない、構造上の問題がある」と明かす。

 「過去の政権と比べ、朴政権は日が経つにつれ(報道への圧力が)酷くなっている。自分の首を賭けてまで追及しようとする記者は少ない」。

 今回の事件は、新興メディアと反体制新聞社から火が付いた。老舗の朝鮮日報では幹部が財閥系企業から豪華旅行の接待を受けていたことが明らかになり、口をつぐんだ。

 これまた日本の記者クラブが「3・11」の際、東電に中国旅行の接待を受けていたのと同じである。

画像を見る

光の帯がどこまでも続いていた。MBCの中継キャスターの背景のように暗くはなかった。=12日、世宗通り 撮影:筆者=

 ~終わり~
 
  ◇
日本と韓国のマスコミ事情が、あまりに似ていることが明らかになりました。メディアが権力のチェックを怠ると、その国は疲弊します。子ども達に未来を残すためにも田中龍作に安倍政権の横暴を監視させて下さい。ご支援何とぞよろしくお願い致します…http://tanakaryusaku.jp/donation


『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  9. 9

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

  10. 10

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。