記事

中国の「世界一かわいそうなシロクマ」が一時帰郷、施設改装で

[北京 14日 ロイター] - 中国広州にあるショッピングモール内の水族館で飼育され「世界一かわいそうなシロクマ」と呼ばれている3歳のメスのシロクマ「ピッツァ」について、動物愛護団体は永久に故郷に返すよう求めている。

これより先、ピッツァを展示していた「グランビューモール」の水族館は、改装に伴いピッツァを一時的に誕生の地である北東部天津の動物園に移送すると発表した。

ピッツァは、香港の動物保護団体が7月、ガラスの囲いのなかで横たわっている様子を映したビデオをウェブサイトに掲載したことで世界的な注目を集めた。

水族館は交流サイト(SNS)への投稿で、モールの改装と「小規模な変更」に伴って一時的にピッツァを誕生の地に返すとしたうえで、その間も水族館は営業を続けると説明した。ピッツァの復帰時期は明らかにしていない。

ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(HSI)は10月、ピッツァのビデオを公開。「頭を揺すり、繰り返し往復歩行するなど心配な行動がみられ、精神的退化の証拠」と指摘し、他の3つの団体とともにモールの閉鎖を求めた。

HSIの活動家は声明で「故郷からモールへの復帰は、残酷で心無い仕打ちだ。どんなに改装したところで、ショッピングモールがこの動物に適した場所になることはあり得ない」と述べた。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  3. 3

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  4. 4

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  5. 5

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  10. 10

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。