記事

TPP関連法案の衆議院本会議可決を受けて

思い返せば、約5〜6年前になりますが、医療現場の厳しい状況を訴えていた私に「衆議院選挙に出ないか」と言うお誘いがありました。

約1年をかけて、先輩や同僚諸氏に相談を重ねました。

そのほとんどの方から「ぜひ挑戦せよ」との激励をいただきました。
当初お誘いいただいた政党とは異なりましたが、熟慮の末、2012年初夏に「たちあがれ日本」の支部長を拝命しました。

来たる「石原新党」結成に向け、「専門分野を有する候補者として」と言うことでした。
そして、当初は選挙区内にある二つの医師会からご推薦をいただきました。

地区医師会の推薦候補は、ほぼ自動的に県医師会、日本医師会の推薦候補となります。
ところが、後援会活動を開始した直後に「日本維新の会」と合流することになりました。

この瞬間、TPPをめぐる日本維新の会と日本医師会(平仮名表記すると極めて似た名前ですが…)の考え方の違いから一方の医師会の推薦は取り消しとなり、併せて県医師会、日本医師会の推薦も受けられない状況となりました。

この際、今なお、私の後援会長である堤啓 粕屋医師会長(当時)が「粕屋医師会員が立候補するのに応援しない道理はない」「中に入って、現場の声を伝えてくれれば良い」と引き続きの激励をいただいた際の感激は鮮明に覚えています。

そして、2期目の議席をいただき、先の通常国会では、遠藤国対委員長からの指名で、TPP特委のテレビ入りに質疑機会をいただきました。

TPPにより「皆保険制度や我が国の地域医療が守られるのか」「医薬品開発などが我が国の成長と患者さんの利益につながるか」などを、テレビ生中継のもと、直接、安倍総理に質すことができました。

私は「日本維新の会」のメンバーですから、上記を踏まえ、本日は心より「賛成」の起立をさせていただきました。

今後も現場の声を伝え、党内でしっかりとした議論を重ねます。
そして日本維新の会が国民にわかりやすく、ツケを先送りするのではなく、我が国の成長と元気な国として次世代へ継承するために、筋の通った政党であり続けるように邁進して参ります。

衆議院議員 河野正美

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  9. 9

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。