記事

閉鎖的な福井県人が日本一幸せな理由

若新雄純=文

幸福とは、自己肯定

2016年度版の47都道府県幸福度ランキングで、僕の故郷である福井県がまた総合1位になりました(http://www.pref.fukui.jp/doc/furusato/ranking.html)。「健康」「文化」「仕事」「生活」「教育」の5分野で構成されているようですが、福井県は別に給料の高い仕事がたくさんあるわけでもないし、東大などへの進学者数も特に多くありませんが、「仕事」と「教育」の分野でも1位でした。つまり、底上げができていたり、安定感のようなものがあったりするんだと思います。

画像を見る
北陸地方最西端にある福井県

僕も福井で生まれ育ったので、その実態をよく聞かれます。最近では毎月福井に帰っていることもあるし、自分なりの勝手な視点で考えてみることにしました。

福井には、空路も新幹線もありません。日本海側に位置して、みごとなまでに山に囲まれた閉鎖的な地域です。それでも、今ではテレビやインターネットなんかは都会と変わらない条件で整っているし、県庁所在地やその周辺であれば日常的なものはなんでも手に入ります。つまり、福井はある程度「自己完結できる環境」だと言えます。

それに関連してもうひとつ、東京と福井を行き来して感じたことは、あまり他と「比較」しなくてすむ環境だということです。なんというか、必要以上に他の県よりも上に行こうというような意識がありません。幸福度1位も、そう「だった」から掲げている、というような感じです。

面白いことに、福井の人の多くには「自分たちはすごく田舎に住んでるけど、別に悪くないじゃん」という開き直りに似た「自己肯定の感覚」があります。どんな指標においても、他と比べだしたら満足度にはキリがないと思います。今ある環境やありのままの日常を受けいれ、その中から生きがいややりがい、充実感を見出すことができる。それが、指標以上に県民一人ひとりの幸福度に反映されているような気がします。

そもそも、「幸福」というのは主観的な感覚であり、「あなたは幸福だよ」と言われても、「自分は不幸だ」と感じていたら、その人は不幸であるということになります。今の日本社会を見渡すと、所得やポジション・ステータスの高い人たちが、必ずしも「幸福」を感じているとはかぎりません。絶えず比較と競争のなかで戦っていれば、所得や社会的ステータスは自分の価値を相対的に決める「条件」となり、それに縛られます。上には上がいて、「もっとレベルアップしなきゃ」とか「なんで自分はこんなもんなんだ」という比較意識から解放されないと、いつまでたっても「今の自分のこと」を肯定できなくなってしまうのです。

「無条件幸福」が求められる時代

生活レベルの貧しい社会環境においては、比較・競争意識もバネになり、物理的な豊かさを手に入れて原動力になるのだと思います。でも、今の日本のようにこれだけ物があふれ成熟すると、比較や競争そのものに意識が振り回されてしまいます。もっと稼いで、もっとレベルアップして……。「社会的条件」に縛られるかぎり、競争相手が消えることはありません。そうなると、自分の主観的感覚である「幸福」を得るためには、比較や競争の意識から解放されることが必要になってきます。

所得やポジションなどの社会的な条件がそのまま生活の幸福度につながったような時代から、自分がどんな条件であってもその中から生きがいや存在意義を見いだし、ありのままの自分を肯定できる。そんな「無条件幸福」が求められる社会に変わってきたのかもしれません。

福井に限らず、地方のまちや田舎にくらす子どもたちは、ある程度「無条件」の社会に守られているように感じます。僕もそうでしたが、田舎のまちには都会のような小中学校受験などはほとんどありません。公立か私立といった選択もほとんどないし、受験のために放課後は塾でしのぎを削るというようなこともほとんどありません。同じ学区の子どもたちは、基本的にみんな同じ小中学校に通います。だから、そこで所属の階層意識を持つようなこともありません。いろんなやつがいて、勉強ができなくても、おもしろいことを言って人を笑わせたりできれば、人気者になれる。

もちろん高校受験くらいはあるし、いずれは序列が生まれます。しかし、このような「僕は僕でいいんだ」という自己肯定の意識は、中学生くらいまでの日常や体験によって基礎ができあがるんだと思います。さらに福井の場合には、無条件の自己肯定感や幸福感を育むと思われる地域特有の理由が見あたりました。

画像を見る
孫を無条件に肯定する。

福井は地理的にも閉鎖的な雪国という地域柄、昔から内職なども含めて仕事を分業しており、夫婦共働きが今でも一般的です。そして、今でも大家族が多く、祖父母と一緒の環境で育ちます。学校から帰ってきた子どもの面倒は、同居または同じ敷地内に住む祖父母が見るのが一般的です。

今でもそうです。親は学校の成績やテストの点数などの条件で子どもを評価するので、子どもは親の顔を見て、いい成績を取らなきゃと思う。でも祖父母は「テストの点数がどうだった?」とは聞きません。子どもが元気で健康で、無事に帰ってきてくれればいい。ただ存在するだけで「満点」なんです。この祖父母と孫の関係こそが、子どもの「無条件肯定感」を育んでいるのではないか。

格差になって広がっていく

画像を見る
若新雄純(わかしん・ゆうじゅん)
人材・組織コンサルタント/慶應義塾大学特任講師
福井県若狭町生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程(政策・メディア)修了。専門は産業・組織心理学とコミュニケーション論。全員がニートで取締役の「NEET株式会社」や女子高生が自治体改革を担う「鯖江市役所JK課」、週休4日で月収15万円の「ゆるい就職」など、新しい働き方や組織づくりを模索・提案する実験的プロジェクトを多数企画・実施し、さまざまな企業の人材・組織開発コンサルティングなども行う。
若新ワールド
http://wakashin.com/


そう考えると、無条件幸福の格差は、今後ますます広がっていくと思います。なぜなら、無条件に幸福になれるかどうかは、育った環境に基づくと考えられるからです。すなわち、子どもの頃に無条件で自分に価値を感じることができた人は、大人になって社会的な差が生じても、「おいしいものが食べられて、家族と幸せに過ごせれば満足」と思える。

一方で、子どもの頃から条件や比較の世界で育った人は、大人になっても条件や比較の縛りから解放されることがありません。もっと上を目指してもキリがないので、満たされることがない。そうやって不幸のスパイラルに陥っていくことになります。

こうした格差は、世代を超えて連鎖していきます。すでに条件に縛られている人は、残念ながら自分を条件から解放することは難しいかもしれませんが、連鎖を断ち切ることはできるかもしれません。

それは、子どもへの接し方を変えることです。学校の成績やテストの点数などの条件で子どもを評価することを止めて、祖父母が孫に接するように、子どもの存在自体を認めてあげることです。

あわせて読みたい

「福井県」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。