記事

今や本家も形無し

 さて、これまた少しばかり前の話になりますが、フジテレビに対して「韓流」を止めるようにとのデモが行われたそうです。まぁ、こういうのは相手にしないのが大事です。極右層を当て込んで選挙で惨敗した政治家や政党もあったわけで、騒いでいる人を多数派と勘違いして変に気を使ってしまうと、それこそ道を誤る結果になりますから。抗議を受けたフジテレビ側がヘタレるのならいざ知らず、適当にあしらっている限りは我々が憂慮するようなことにはならないでしょう。それにしてもまぁ、コンテンツの売り込みに熱心な韓国の姿勢は、日本も見習って欲しいところですね。製造業では新興国とのコスト競争で身を磨り減らすばかりなんですから、もっと「モノ」以外の商品を国外に売り込む努力が望まれるところです。

 さて、娯楽と言えばテレビしかないとか、受信できるテレビ局はフジテレビだけというのであれば「偏向」報道は問題になるのかも知れませんが、嫌なら他の局を見ればいい、嫌ならテレビ以外のメディアを選べばいいだけの話です。選択の自由は確保されているのですから。そして、この選択の自由が確保された中、「韓流」は市場原理によって淘汰されることなく生き残っています。一定の需要があり、採算がとれるコンテンツということなのでしょうね。だからこそ、反・韓流な人たちが憤るところもあるように思います。単にテレビ局が無理押ししているだけなら、いずれは廃れていくもの、そうならないものだからこそ、ある種の人々に危機感を抱かせるわけです。

 ただ最近は、もう一つ要因があるような気がします。かつて一水会の鈴木邦男が、従来の街宣型の右翼は追いつめられているみたいなことを言っていました。何でも世論が右傾化する中でネット世論がどんどん先鋭化し、街宣右翼よりも過激な主張が当たり前のように飛び交うようになっていった結果として、街宣右翼が焦りを感じるような状況が作られているのだとか。古株の右翼が若いネット世代の右翼の台頭を前に埋没の危機を感じたとしても、確かにそれは不思議ではなさそうです。その結果としてネット右翼に負けてはいられないとばかりに暴発する街宣右翼も出てしまうのだと鈴木邦男は語っていたように記憶しています。

 これと似たようなことが、今度はネット世代の右翼に対しても起こっているのではないでしょうか。つまり、原発事故以前から自分たちに迫る脅威の存在をことさらに大きく強調してきた、偏見に基づく差別意識や嫌悪感を煽り立ててきた人々にとって、今の状況は焦りを感じるものではないかと思えるのです。これまでは自分たちが先頭に立って拳を振り上げていたのに、いつの間にやら拳を振り上げた大集団が後ろから自分たちを追い越し、自分たちを飲み込もうとしているわけです。ネット世論の主流派として隣国への憎悪を駆り立ててきたはずが、電力会社なり原発なりへと憎悪を向け、放射「能」を言い訳に差別や偏見を広めて憚らない人々に主役の座を奪われたと感じているネット世代の右翼も少なからずいることでしょう。そうして埋没の危機を感じた右派が自らの存在を誇示すべく暴挙に出たとしても、これまた不思議ではありません。

リンク先を見る

 一方こちらは、諸派こと幸福実現党のチラシです。特に問題のあるものではないとも言えますが、一方で少数派の主張でもあります。まぁ、これが単なる政党のチラシであるなら、奇特な人もいるものだと済まされるだけでしょうか。しかるに、実質的には幸福の科学という宗教法人の発行物でもあるわけです。一般に宗教は、とりわけ新興宗教ほど何らかの脅威を説き、それに対する救いの手をさしのべるイメージがありますが、「こわくない」と逆に相手を安心させようとするかの如きメッセージを発信するのは、あまりカルトらしくない、ましてや近隣諸国の脅威を盛んに説いてきた団体の刊行物としては似つかわしくない文面と感じさせてくれます。

 色々と事情もあるのでしょう。核武装論者でも反原発の流行に乗り遅れまいと急ぐ人もいれば、原発と原爆が同一視されて核武装論までもが否定されるのを恐れて原発擁護に回る人もいるわけです。あるいは福島にも少なからず住んでいるであろう信者を慮ってのことでしょうか。本当に計算高く自らの「利」を考えるのであれば、人々の恐怖を煽り立て、そこに救いの手をさしのべる風を装って信者の獲得に繋げてもおかしくないところです。何かしら不安や恐怖に苛まれている人々に、「こうすれば大丈夫です」と真偽の定かではない解決策を提示して自らの「教え」を擦り込むのはカルトの常套手段です。放射「能」への恐怖が吹き荒れる今こそ、信者を増やすには絶好の機会でしょう。しかし、幸福実現党は放射「能」の脅威を煽ろうとはしていない、少なくともその点だけは良心的と言えます。

 むしろ、恐怖と救済をちらつかせる手法もまた反原発論に本家の座を奪われてしまったのかも知れません。大川隆法という教祖の言葉よりも、小出裕章なんかの語る終末論の方が世間的には格段に影響力が大きい、ことによると幸福の科学の信者においてすら、というところもありそうです。教祖でも何でもない人が擬似的な教祖となり、世界の破滅よろしく放射「能」の恐怖を日に日にエスカレートさせながら説いていく中では、本物の教祖である大川隆法ですら焦りを感じることもあるのではないでしょうか。幸福の科学よりも速いペースで「信者」を増やしている人が多々いるわけです。こういう状況で埋没を避けるべく、どこか放射「能」とは別のところで、ことさらに過激なことを言い出すことも増えることでしょう。右翼にとってもカルトにとっても、周りの「一般人」だったはずの人の方がむしろ過激なことを口にし始める時代ですから。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。