記事

ドルは107円半ば、ドル指数と米債利回り10カ月ぶり高水準

[東京 14日 ロイター] - 正午のドル/円は、前週末ニューヨーク午後5時時点に比べ、ドル高/円安の107.45/47円。一時107.59円まで上昇し、6月7日以来約5カ月ぶり高値を付けた。

ドル指数<.DXY>は99.680まで上昇し、1月29日(99.829)以来10カ月ぶり高値に上昇した。

午前の取引でドルは107円付近の売りをこなし、ストップを巻き込んで上昇に弾みをつけた。上値メドとされていた7月21日の高値107.49円を抜け、さらに107.59円まで値を伸ばした。

この日もドル高をけん引したのは米長期金利の上昇。

ファンド勢や欧米投資銀行は、米債売りとドル買いを組み合わせたモメンタムトレードを活発化させており、特段ドルを買う、または米債を売る材料がなくても、ドル買い/米債売りが広がりやすい。

米10年国債利回り<US10YT=RR>は一時2.203%まで上昇し、1月8日以来10カ月ぶり高水準に達した。

10月の小売売上高や鉱工業生産など、一連の中国指標は為替市場に目立った影響を及ぼさなかったが、「ドル高をいいことに、中国がどんどん人民元を切り下げていくのが気になる」(国内銀)との声が聞かれた。

中国人民銀行は、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8291元とし、前営業日終値の6.8150元に比べ、ドル高/元安水準に設定した。現行水準は7年ぶりの元安水準。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。