記事

中古のThinkpad X250を購入してみた。しかしやっぱりMacの使い勝手にはかなわず

MacBook Proのモデルチェンジがイケてないのでは?という流れでWindowsに切り替えようかという話も聞こえてるくる昨今ですが、ずっと気になって、中古で狙ってたThinkpadを購入しました。

機種は、Thinkpad X250 今売られてるものはX260なので、一つ前の世代になります。

スペックは、
core i5
8GB メモリ
Full HD , IPS液晶 , タッチパネル
HDD 500GB 7200rpm
Win8.1 pro

これで46,800円。HDD以外は普通に新品で買っても戦えるスペック。この他に指紋認証などがついています。

今回狙っていたのはThinkpadのFull HD、IPS液晶。

これがかなりレアキャラでして、これはBTOモデルのオプションだったので、店頭では実機を見る機会がありませんでした。それゆえに店頭で実機を見られるのは大きかった。

このスペックはほぼX250の最大スペックです。この上はcorei7とSSDがあったかもしれないですが、今時Corei7もi5もほぼ性能差がないし、SSDは、当時はまだ小容量なので、今なら1TBに入れ替えたい感じは少しする。

Macだと1TB、15万円ぐらいしますが、2.5インチ SSDだと3万円台から買えますからね。

しかし、改めてX250を触ってみて、確信を得たことがあって、

「Macのトラックパッドは完成度高いな」

ということ。

トラックパッドの摩擦とマウスカーソルの連動具合が絶妙。これは気が付かなければ気がつかない可能性あるのだけど、全く滑り感がない。それ故に、XPSにせよThinkpadにせよ、滑りが気になってしまう。

そしてフォースフィードバック付きトラックパッドは、タップするのにボタン押してないんですよね。圧力に対するフィードバックなので押下量が最小なんですよね。これがボタンのトラックパッドになると、その差が辛い。

やっぱりハードウエアとソフトウエアがセットで開発されてるのは捨てがたいなと思います。Macはマウスは不要。Windows機はマウスの方がいい。

Windows機を買った理由は、Windowsの方がパフォーマンスが高い用途があって、会社でも使い分けてるんだけど、更に言うと、たまにMac Excelがイマイチ辛い時とか、論文書くとか、研究に伴ってMacの容量が足りないのでサブ機が欲しかったってのがあるので、もちろん活用はするんだけど、ユーザインターフェースという意味でのメイン機にはなりえないなぁというのが。XPS 15を含めても思った結論。

慣れたWindows機をお使いの人は、もちろん、そんなことは思わないと思いますし、あくまでも個人的感覚での感想と捉えて欲しいんですが、Macに慣れている人が久々にWindowsに戻ろうとすると、その勝手の違いに、相当、戸惑うんじゃないかと思います。多分ねw

元々ずっとWindowsを使っていて、左ハンドルと右ハンドルの両刀使いみたいなタイプの人間なので、信者とかそういうことじゃなくても、Macというハードウエアに囲いこまれてます。

ということで、Windowsに切り替えようかなーと思ってる人は、必ずお試しをしてから検討なされるのがオススメでございます。

と、ここまで書いて、せっかくだから、改めてトラックポイントにチャレンジしてみようかなって思いました。ちと論文書くのThinkpadでやってみよっと。

あわせて読みたい

「MacBook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  10. 10

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。