記事

サイレント・マジョリティーズ・リベリオン

 米国大統領選挙は、事前の様々な報道を覆してトランプ氏の勝利という結果となりました。相場の混乱を見ると、世界が衝撃を受けているのがわかります。今日はちょうどロイター主催の経済問題に関するパネルディスカッションに元日銀理事の早川英男さんと登壇することになっており、タイムリーな議論ができると思います。

 様々なコメンテーターが「クリントンの不人気が予想以上だった」と述べていますが、同時に実施された連邦議会選挙が上院・下院とも共和党の勝利に終わったことを見ると、決してそれだけでは片付けられないと思います。

 米国経済は統計上は好調とされていましたが、民主党大統領予備選挙でのサンダーズ・ブームや、トランプ氏のここまでの健闘を見ると、社会的には多くの国民が不満を募らせていたという実態が伺えます。
 米国民は日本より自助・自立の気風が強く、日本ではほとんど全ての人がその素晴らしさを疑わない医療の国民皆保険制度についても「他人の面倒を見させられる筋合いはない」と反対する意見がかなり多数です。オバマ大統領が8年にわたり進めてきたマイノリティー重視政策により、国民の多くを占める白人の中間層が危機感を抱くようになったと分析されています。

 格差を解消させるはずのリベラルな民主党政権なのに、オバマ氏もクリントン氏もエリート出身。また外交的には緊張緩和のために尽力されてきましたが、強いアメリカを求める国民にはいただけない部分があったのかもしれません。

 選挙中の度重なる過激な発言がクローズアップされたトランプ新大統領ですが、これから任命されるスタッフいかんで、共和党の本来の「対内自助・対外開放」という路線がより明確になるかもしれません。いずれにしても日本にとって米国は経済上も安全保障上も重要なパートナーであり、これまで熟議のうえ積み重ねてきた様々な合意もあります。新政権と速やかに充実した関係構築に努めるべきですし、私もその一助となる所存です。
 特にTPPに関しては、原案が関係国の細部までの合意のもと署名された内容です。日本では農水大臣の発言を理由に国会審議が遅れていますが、修正の余地はないと思っていますし、日本における承認手続の前進によって世界の自由市場をリードしていくスタンスに変化はありません。

 今後ともご理解・ご支援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  8. 8

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  10. 10

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。