記事

グローバル化と英語

米大統領選でトランプさんが当選したことについての評価、振り返り、反省が世界中で続く中、私はこんなことを考えた。「英語とグローバル化は、論理的に独立である」と。是非は別として、「グローバル化」に取り残された人たちの反乱だとしたら、その反乱した人たちは英語のネイティヴである。

英語をしゃべっているからと言って、グローバル化の波に乗っているわけではない。米国の小さな街で、米国の文化にひたって、外国の方や、異なる文化的背景の方ともあまり会う機会がなく、その中で暮らしている方は、むしろグローバル化とは真逆の生活をしているということになる。

グローバル化が常に正しいわけではない。グローバル化するからこそ、個々の地域のローカルな文化が大切になる。それは、最近の日本食に対する人気の高まりを見てもわかるだろう。一方で、世界の人たちが行き交う中で、異なる背景の者どうしが出会うということ自体は、必然の流れであるように思う。

日本のさまざまな事象について、「ガラパゴス化」ということが言われているが、今年の政治の流れで明らかになったのは、ガラパゴス化は、英国でも、米国でも起こっているということだった。つまり、英語を喋るかどうかということとは、関係がないということなのである。

グローバル化と、英語の関係は、必ずしもイコールではない。この状況を見抜くことは、教育の設計にも関係してくるだろう。英語は、どうせそれを学ぶのならば今の日本の英語教育よりはより効率的で本質的な学びを設計すべきだが、英語を学びさえすれば「グローバル人材」ができるわけではない。

福沢諭吉さんの『学問のすゝめ』や『西洋事情』といった著作は、日本語で書かれているが、当時の世界におけるグローバル化への道標となった。日本語だから、即「ガラパゴス」というわけではない。より大切なのは、精神性であり、態度である。

英語を学習するにせよ、大切なのは、どのような素材を教材として使うか、ということだろう。世界の多様性や、最先端の科学技術、思想などに触れることができる教材であれば(それが日本語でも同じことだけれども)、新しいこと、世界に開かれた精神を涵養する上で、役に立つことになるだろう。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  8. 8

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  9. 9

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  10. 10

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。