記事

衆院本会議─遅きに失したパリ協定、与党のおごりとTPPの混乱

火曜日(8日)に衆議院本会議が開かれました。まず、地球温暖化に関する「パリ協定」が他の関連法案とともに承認されました。

本来であれば、もっと早く国会で議論すべきであったにもかかわらず、政府・与党が先送りしたために、日本はCOP22にオブザーバーとして参加するしかないという、いわば国益を大きく損なうことになってしまいました。

きちんと具体的なルール作りに参加する、あるいは主導権、リーダーシップを発揮するということであれば、今回のことは極めて残念です。

これまで、安倍政権は地球温暖化問題について、言葉では熱心に語っていますが、中身は全く後ろ向きです。総理がいくら「主導的役割」と言っても、世界的に見透かされています。是非ここは考え方を改めて、本気になって地球温暖化問題に取り組む、そして、そのことが日本の経済成長につながる、そういう政策を実行してもらいたいと思います。

あわせて、この本会議で、政府・与党はTPP協定について、採決したいということでしたが、大島衆議院議長から異例の働きかけがあって、採決は先送りされました。

大島衆議院議長からすれば、4日の委員会に続いて、本会議でも強行採決を許してしまうと、今後の国会の運営が、さらに与野党対立になってしまうと。これから、天皇陛下の生前退位の問題も含めて、与野党でしっかりと協議していかなければならない。そういうときに、ここまで強行、強行でやっていくことに対して、議会人として、その良識が許さないということだったと思います。自民党出身の大島衆議院議長がストップをかけるという展開になったことについて、政府・与党に猛省を求めたいと思います。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。