記事

小泉進次郎氏は典型的な構造改革論者 世襲の地位にあぐらをかきながら「若い人にチャンス」そして「健康ゴールド免許」へ

小泉進次郎氏は、言わずと知れた二世議員です。小泉純一郎氏から地盤を引継ぎ、盤石な支持を得ています。
 この小泉進次郎氏のどこが支持されているのか、若いからというだけで、群がってくる中高年の女性も多いとかで中身は伴っているかは別です。

 さて、この小泉氏ですが、かつてTPPは、若者にチャンスを与えるものと言っていたそうです。
進次郎議員TPPは「若い人にチャンス」」(日刊スポーツ2011年11月21日)
「自民党の小泉進次郎衆院議員が20日、東京・武蔵野市の成蹊大で講演し、賛成の立場を示す環太平洋連携協定(TPP)参加について「後ろ向きに考えず、若い人はチャンスだと思ってほしい」と呼び掛けた。「新しいルールができれば、既得権益にとらわれず新たなフィールドで活躍できる」と強調」

すべての人に将来を語れるほどの平等な機会は保障されているのでしょうか。

リンク先を見る

 典型的な新自由主義の発想です。チャンスと言ってみたところで圧倒的多数の若者には無縁です。しかもそのチャンスというのはビジネス的な成功のみが語られるのですから拝金主義そのものからきます。
 このたび小泉進次郎氏は、「健康ゴールド免許」なるものの提言をしています。
健康ゴールド免許・勤労者皆保険… 小泉進次郎氏ら提言」(朝日新聞2016年10月26日)
「定期検診などで健康管理に努めた人を対象に、医療保険の自己負担を3割から2割に引き下げる「健康ゴールド免許」導入などの施策を打ち出した。」

 本文はこちらです。
「人生100年時代の社会保障へ (メッセージ)」
http://shinjiro.info/20161026message.pdf

 これに関しては私の弁護士ドットコムのインタビュー記事が掲載されました。
進次郎氏提言「健康ゴールド免許」、弁護士「憲法の理念に逆行」「構造改革そのもの」

 痛みを伴う改革だそうですが、小泉改革のときも同じフレーズが使われました。
 この痛みというのは、庶民や低所得者層に押し付ける痛みです。
 決して、大企業が負う痛みではありません。この提言では、解雇規制の緩和など財界が求めている要求が並んでいます。
 解雇規制を緩和して痛みを庶民に押し付けるわけです。
 「健康ゴールド免許」なるものも、健康診断を受けたことへのご褒美として、自己負担割合を3割から2割へと引き下げるというのですが、これでは皆保険制度の自己否定です。
 病気や怪我をすれば、その都度、高額な医療費を支払っているのですから、好き好んで病気になりたい、怪我したいなんていう人はいないわけで、健康診断を受けないということにもそれぞれ事情があるわけです。
 そうであればこそ、健康診断を受けた人へのご褒美などという発想はあからさまな自己責任論であって、むしろ、誰もが健康診断を受けられるようにするためにはどうすべきかという視点こそが求められているのです。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  2. 2

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  3. 3

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  4. 4

    「性格が激変し、仕事を失い、夫とも離婚」30代女性を10年間苦しめた若年性更年期の怖さ

    PRESIDENT Online

    01月23日 15:32

  5. 5

    秒読みのウクライナ侵攻・・プーチンの論理

    舛添要一

    01月23日 20:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。