記事

地方経済の問題は病院にあり

昼食後の一時、くつろいでいると、携帯がけたたましく鳴ったので飛び上がった。もう少し静かな音にと思うのだが、その方法を調べるのが面倒である。で、電話の主はというと、沖縄は那覇の友人KHからだった。

何かと思ったところ、「沖縄に戻った」という。実は、友人の生まれは長野県の南木曽である。実家が残っていて、畑もあるので、そこに帰ると今年の春に聞いた。ところが、この夏に実験的に帰ったところ、大きな問題があったとか。

それは大きな病院が遠いことだそうだ。これまで、少し離れた町(坂下)に比較的大きな病院があったのに、中津川と合併した後、その今までの病院が診療所になる(なった?)とのことである。ちゃんとした病院がえらく遠くになってしまったわけだ。

誰しも70代前後になると、いろいろと病気が出てきて当然である。とりあえずの病気がなくても、リスクを考えないといけない。その時、近くに病院がほしい。病人が車を運転して病院に行くわけにはいかないから。

友人の例は、人口が少なくなり、病院の経営が行き詰まり、それがさらに人口の減少をもたらす、この循環の始まりのように思う。もしかして、循環がかなり進行しているのかもしれない。

いずれにせよ、友人はこの病院のことを理由に、「やはり那覇に残る」「大きな病院も歩いていける距離にあるし」とのことだった。故郷でのゆったりとした、いわば晴耕雨読の生活を諦めたことになる。

今、地方の市町村は存亡の危機にある。人口の減少と高齢化が最大の問題であり、バスや鉄道などの交通機関の問題も深刻である。そこまでは理解していたが、病院の問題は気がつきにくいながら、確かに大きなネックである。

人口減少が悪循環にならないよう、それが手遅れにならないうちに、国として抜本的な対策を打たないといけない。スローガンだけで行動を渋っていたら、地方対策は遅々としたものとなり、悪循環の勢いに負けてしまうだろう。

あわせて読みたい

「病院」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。