記事

【いよいよ】

いよいよアメリカ大統領選挙の結果が出る(はずの)日ですね。長かった選挙戦もこれで終わり(のはず)。

The Economistの最新号の表紙は、人差し指と中指をクロスさせた写真です。 

画像を見る

「幸運を祈る」という趣旨のkeep your fingers crossedということでしょう。指の腹にはクリントン候補の似顔絵。

さらに、タイトルはAmerica's best hope(アメリカの最大の/唯一の希望)とあります。この雑誌としては、クリントン候補が大統領になることがアメリカの望みだというわけです。

現地の報道によると、すでに4600万人が期日前投票をしたそうです(50州うち、early votingができるのは37州)。

USA Todayによると、最近の敗北宣言の時間は以下の通りです。

2004年:ブッシュvsケリー ケリーが23:02(日本の翌日の13:02)にブッシュに電話して敗北を認める。14:00(日本時間翌々日の04:00)に敗北宣言(concession speech)。

2008年:オバマvsマケイン マケインが翌日の23:20(日本の翌日の13:20)に敗北宣言。

2012年:オバマvsロムニー ロムニーが翌日の01:00(日本時間15:00)に敗北宣言。

今回は、一方の候補が「選挙結果を受け入れない」と公言しているだけに、どうなるか。分からないですね。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。