記事

「さらば民進党」もはや愛想が尽きた - 大前研一

分裂・消滅のプロセスに足を踏み入れた

今度ばかりはほとほと愛想が尽きた。民進党のことである。参院選、都知事選から党代表選に至る迷走ぶりは、完全に分裂・消滅のプロセスに足を踏み入れたと思わざるをえない。

維新の党が合流して「民進党」に党名変更したのが3月のこと。「『民主党』では選挙に勝てない」という泣き言も情けないが、看板を掛け替えて党勢が回復するなら世話はない。問題は中身である。

一時的だったにせよ、当時の民主党があれだけの人気を得たのはなぜか。民主党が飛躍した選挙で目立ったのは、小選挙区において各都道府県の県庁所在地がある一区を民主党候補が取る「一区現象」である。それまで日本には都市型のサイレントマジョリティを代弁する政党がなかった。田舎の代議士が多い自民党は農村型のノイジーマイノリティの代弁者にすぎず、利益誘導で地方や少数利益集団にカネをバラまいて政権を維持してきた。これに不満を抱いてきた都市型の生活者の期待に応える、というのが民主党の立ち上げ当初の売りであり、その期待感の現れが「一区現象」だったのだ。

民主主義の根本であるところのマジョリティに拠って立つ、ということで民主党は自民党との対立軸を明確にしてきた。たとえば医療問題では医師会重視の自民党に対して民主党は患者側に重きを置く。年金問題では年金機構ではなく年金受給者に重きを置くし、教育改革では教師や学校側ではなく、生徒や保護者に重きを置く。受益者側に重きを置くことで、予算配分もドラマチックに変わってくる。

私が提唱する心理経済学でいえば、サイレントマジョリティが抱いている不安感が消費を鈍らせ、日本の景気をおかしくしている。日本経済の再生に本当に必要なのは、アベノミクスのようなまがいものの経済政策、人工的な成長戦略ではない。ひたすらサイレントマジョリティの将来不安というものを取り除くことだ。その意味では、民進党は「サイレントマジョリティのための国づくり」という原点にいま一度立ち返るべきなのだ。

ところが民進党は自らの立脚点を見失って、あろうことか共産党と共闘を始めてしまった。一つの主張にこだわる共産党の姿勢はある意味で評価できるが、この国をどうするかということについては何の提言もしてこなかった。進駐軍が書き殴ったような憲法を後生大事に抱えて、戦後70年経っても書き換え作業をサボタージュしているのは、どこか他の国のために仕事をしているとしか思えない。共産党の主張にマジョリティインタレストはないのだ。

案の定というべきか、民進党、共産党、社民党、生活の党の野党4党が共闘した7月の参議院選挙は不発に終わった。民進党は改選前の45を下回る32議席の獲得にとどまった。「地元(三重選挙区)で負けたら次の代表選は出ない」と語っていた岡田克也前代表の政治センスも最悪だ。4党連携の成果は思ったほど出なかったし、民進党としては議席を大幅に減らしている。安倍政治を阻止できなかったという理由で責任を取って当たり前なのに、全国政党のトップが「地元で負けなくてよかった」と(次期代表選こそ出なかったものの)続投する感性は理解不能である。

都知事選惨敗を招いた4人の戦犯

参院選の傷が癒える間もなく都知事選に突入して、民進党は惨敗を喫する。当初、参議院の蓮舫氏が出馬に意欲を示したが、内々の身体検査で舛添要一前都知事と同じような金銭問題を抱えていることが発覚して出馬を見送ったという。その後、宇都宮健児氏や片山善博氏などを渡り歩いて、執行部が最後の最後に知名度だけで担ぎ出したのが鳥越俊太郎氏だった。

都知事選も共闘継続ということで野党統一候補を立てたわけだが、鳥越氏は共産党とじっくり話をしたわけでもないし、どこの政党ともあまり接点がない。あえて言えば共産党がしきりに秋波を送っていたSEALDsを応援していたくらいだが、SEALDsのようないい加減なものを応援するというのはマスコミ的に言えば「(ムーブメントに)乗っかっちゃった人」である。実際、原発反対など筋違いな主義主張を訴えるだけで、都政に関する政策が何もないことがすぐにわかったし、高齢による体調不安も露呈した。揚げ句に女性スキャンダルが発覚するなど無残な姿をさらけ出して、小池百合子氏の圧勝を助ける恰好になった。

民進党内では鳥越氏を担ぐことに異論も多く、党内から候補者を出すべきという声も強かった。東京都選出で、それなりに能力も知名度もある人材は民進党にもいる。「都市型サイレントマジョリティの代弁者」という原点に戻って、「一区現象」を象徴するような人物を候補者に立てれば、東京都のことをもっと雄弁に語れただろうし、いい勝負ができたのではないか。

都知事選惨敗の責は鳥越氏に白羽の矢を立てた新旧執行部、ハッキリ言えば岡田克也氏、野田佳彦氏、安住淳氏、枝野幸男氏の4人にある。しかし、彼らは反省をするどころか、性懲りもなく、党代表選においても知名度抜群ということで蓮舫氏を担ぎ出した。蓮舫氏は政治家としての成果は何もない。民主党政権時代に「仕分けの女王」で一躍脚光を浴びたが、肝心の事業仕分けではほとんど成果を出せなかった。テレビカメラの前で役人をイジめて国民の喝采を得る、というパフォーマンスに仕分けは利用された。

予想通り、民進党の党代表選は蓮舫氏の対抗馬がなかなか出てこない中で、前原誠司元代表と玉木雄一郎氏がギリギリのタイミングで推薦人を集めて名乗り出た。前原氏といえば性格はいいが鋭さや切れ味がないことで知られる。八ッ場ダムの建設中止を宣言しながら、その後の国交大臣が再開しても怒るどころか沈黙を続けた。民主党政権時代の政権運営の失敗を認めて、自らを「戦犯」と呼んだ。「その経験があるからこそ再挑戦させてほしい」という実直だが、なんとも心許ない立候補宣言だった。長野県の立ち会い演説会で、前原氏の「反省」を聞いた玉木氏は、「前原さんの蒔いたタネを安倍政権が刈り取っただけ。謝ってほしくない」と泣き出した。そこに蓮舫氏が割って入って、「玉木君、男が泣くな」。泣きたいのは三文芝居を見せつけられたサポーターである。

一切の助言、助力を打ち切った

一方、泣かない蓮舫氏は党代表選後半に激震に見舞われた。二重国籍問題である。つくづく時代を感じたのは過去の発言や映像が簡単にネットで検索できることだ。クラリオンガールからキャスターに転じた蓮舫氏は過去ログに事欠かない。25歳でキャスターデビューしたときには、「中国籍なのでアジア関連の取材で力を発揮したい」と朝日新聞に掲載されている。

党代表選が始まると、「生まれながらに日本国籍」「18歳で日本国籍を取得した」「17歳で台湾籍を放棄した」「18歳で放棄した」などと発言がクルクル変わった。「20歳にならないと放棄の手続きはできないはずだが……」と詰め寄られると「父親と行った」とか「母親と行った」と言い訳が二転三転。そのうち「父親が亡くなっており、正確な状況がわからない」と発言が後退し、「台湾当局に問い合わせているが古い話なのですぐにわからない。念のために9月6日に台湾籍を抜く手続きをした」と問題の収束を図ろうとした。しかし、台湾籍を抜くときにはパスポートの返還が必要なはずと問い質されると、「家中をひっくり返してパスポートが見つかった」。そうならば有効なパスポートを肌身離さず持っていたことになる。17歳、18歳で台湾籍を抜きにいったという話は一体何だったのか。

結局、「台湾籍があり、二重国籍だった。申し訳ない」と釈明したが、これは党員投票が締め切られた後の9月13日のこと。当然、選挙はやり直すべきだし、私もそのように民進党首脳陣に働きかけたが、執行部はこれを押し切って15日の議員投票になだれ込み、蓮舫氏は大勝した。新旧執行部の4人組は「してやったり」だろうが、そうはいかない。その場しのぎの出任せを言い続ける人間が先頭に立って安倍政治を追い詰めていくのはもとより不可能だし、そんな党代表を戴いた政党がどんな末路を迎えるのか、与党やほかの野党が示すだろう。

幹事長に野田佳彦前首相を選ぶなど、身辺警護重視の党役員人事を見ても、新しい民進党に生まれ変わる期待感は持てない。私は今回の党代表選を機に、民進党に対する一切の助言、助力を打ち切ることを決めた。未練もない。

国民の負託を受けている国会議員にとって、「国籍」は原点である。そのことをおろそかにして12年も歳費をむさぼっておいて何の良心の呵責にもさいなまれない国籍不明の代表、負け犬の戦犯、泣き虫の3人しか党代表候補を出せなかった民進党にもはや存在意義はない。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。