記事

「アンダーアーマー」急成長の火付け役が目指すスポーツビジネスの未来

2/2
「アンダーアーマー」は96年、アメリカのメリーランド大学のアメリカンフットボール選手だった、ケビン・プランクが設立したスポーツメーカーだ。「コンプレッションウエア」という、吸汗速乾性と筋肉のサポート効果のある機能性インナーを軸に成長を遂げてきた。米アンダーアーマーの15年12月期売上高は1ドル120円換算で4750億円。日本のアシックス、独プーマとの3位争いを制し、売り上げ1位のナイキ、2位のアディダスに次ぐ規模になった。

日本にはドームが総代理店となって98年に上陸。ドームは96年に創業し、毎年増加率25%前後で売上高が上昇。15年12月期には売上高356億円を達成した。アンダーアーマーの総代理店として輸入販売だけでなく、国内製品の企画販売や、テーピングの輸入販売やサプリメントの製造・販売も手がける。さらに、野球の読売ジャイアンツ、バスケットボールの琉球ゴールデンキングスなどのチームとも契約を結び、ユニフォームを製造して提供。また、契約アスリートが利用できるトレーニング施設も運営。アンダーアーマーを軸に、スポーツとアスリートに広く貢献する事業を展開してきた。


【弘兼】安田さんがケビン社長のもとへ会いにいった頃、アンダーアーマーはどれくらいの規模でしたか?

【安田】当時、社員2人でした。ドームは社員8人だったので、こちらのほうが大きかった。ビジネスについてもまだまだで、商品が送られてくると、全部不良品。最初から「どうしてこんな商品を送ってくるのか」と文句を言いました。当時、ケビンの付き合っていた女性が日本車に乗っていたので、なぜアメリカの自動車メーカーは凋落したのか、なぜ日本車がいいのか、品質管理の重要性について話をしたこともあります。

【弘兼】アメリカのスポーツ市場を見ると、95年にスポーツ産業(※1)の規模は15兆円でした。それが10年には自動車産業を一時的に追い抜き、60兆円を超えています。アンダーアーマーはその流れに乗って成長したともいえます。一方、日本のスポーツ産業の規模は95年に5兆円だったものが4兆円に落ちています。

【安田】その通りです。僕がドームを始めた頃、アメリカでスポーツ産業は順調とはいえませんでした。スポーツショップの商品は赤札をつけて叩き売り状態、メジャーリーグではストライキがあり、観客席は閑散としていた。

【弘兼】野茂英雄さんがストライキ直後の95年にメジャーリーグに移籍したのは記憶にあります。

画像を見る
(1)本社1階「ドームアスリートハウス」では契約アスリートが汗を流す。(2)(3)2階にはロッカーに隣接するジャグジー、リカバリールームを完備。(4)(5)社食の「DNSパワーカフェ」では、高タンパク・低脂肪の食材を使ったメニューを提供。タブレットでカロリーを計算できる。(6)2015年9月に移転した有明オフィス内の様子。オフィス内に設置された4画面のモニターでニュースを共有。


日本人が目指すのは「コピー&インプルーブ」

画像を見る
ロッカールームに隣接する本社2階のラウンジ。ビリヤード台や雑誌が置かれ、選手が思い思いにくつろぐ場として開放。

【安田】あの後、メジャーリーグは20年で市場規模を5倍にしています。ところが、日本のプロ野球はほぼ横ばい。一気に差がついてしまいました。それまでメジャーリーグでは戦力が一部の球団に集中していました。それを分散する方針をとったのです。シーズン終盤までいかにスリリングな展開にするのかをリーグ全体で考えて、様々な工夫をしました。ベースボールはアメリカの文化だから、と一括りにされますが、実は具体的な努力がそこにはあります。日本のスポーツ界はそこから目をそらすのではなく、学ぶべきだ。日本が明治維新、そして戦後の復興期、二度とも欧米から学んだのと同じです。

【弘兼】明治維新の際には外国の外交官との社交場として鹿鳴館をつくり、議会制度も欧州を真似した。かつての日本人は、他国のいいとこ取りをしていました。

【安田】僕の考えでは、日本人はイノベーティブ(技術革新的)ではない。そこを目指しても仕方がありません。では何が得意かというと、「コピー&インプルーブ」です。

【弘兼】真似をして、改良していく。戦後の日本の製造業がそうでした。

【安田】松下幸之助さんも本田宗一郎さんも世界に憧れた。そして、それに近づくために模倣した。日本の繁栄をつくったのはそういう人たちです。しかし、最近の日本人は世界を見ない。世界と日本が乖離しているのに、文化、歴史が違っていると言って片付けてしまう。テレビをつけても、日本を讃える番組が増えている。極めて危険な状態です。

【弘兼】日本はこんなにすごいという類いの番組が目立ちます。

【安田】あえて、団塊の世代である弘兼先生に言わせていただくと、僕の父親の世代、弘兼さんの世代というのは、景気がよくて、需要があったから、運がよければお金儲けができた。多少の苦労はしたかもしれないけど、その前の世代がつくったもののおいしいところだけ取っているように見える。一方、僕らは、いわば「尾崎豊」の世界。「何のために生きているんだ」という疑問から始まっています。自分の幸せというのは、大きな会社に入って、出世するというのでも、莫大な金を稼ぐというのでもない。経済誌などにベンチャー企業経営者の対談とかが載っていますが、僕としてはまったく参考にならない。株価を上げる、資産を増やす、そういう話ばっかりですから。

【弘兼】物質的な成功では飽き足らない。精神的な充足を求める世代なのですね。

【安田】僕の親父は、中卒でした。そして、一生懸命働いて、僕を大学まで出させてくれた。息子である僕は、親父の世代よりも、この世の中をよくして次の世代に渡さなければならないという義務感みたいなものがあります。それが今の僕を突き動かしているのです。

※売り上げ構成は、スポーツ用品、スポーツ施設、スポンサー費、広告費など。

弘兼憲史の着眼点

▼なぜ読売巨人軍と契約できたのか

有明に構えるドームの本社は倉庫を改装した無骨な建物。「仕事は戦い」という安田さんの考えを具現化した、要塞のようでした。

建物に入ると、無機質で近未来な雰囲気が漂います。オフィスと同じ建物内にはトレーニングルーム、ジャグジーやリラクセーションルーム、高タンパクの食事を提供するカフェ……、24時間居座ることができそうです。

今回の対談には、ドームが展開する「アンダーアーマー」のTシャツを着用していきました。アンダーアーマーの由来は「アスリートがユニホームの下に着て、戦うための鎧」。「U」と「A」を組み合わせたロゴのポロシャツを着用したスタッフが、社内で溌剌と仕事をする姿が印象的でした。

画像を見る
2015年1月から5年間、アンダーアーマーは読売巨人軍と総額50億円のパートナーシップ契約を結ぶ。(時事通信フォト=写真)

対談中、なぜ読売ジャイアンツと契約できたのかと尋ねると、安田さんはこう言いました。

「読売巨人軍の久保社長と話す機会があって、さきほどから弘兼先生に話したようなスポーツビジネスの概論を僕のほうから偉そうに話していました。ところが、久保社長は読売新聞の元記者で長年箱根駅伝などの取材を重ねていて、スポーツビジネスについてめちゃくちゃ詳しかった。僕は座学だけれど、久保社長は実践もしてきていて、釈迦に説法だった。ただ、自分の知識と考えは久保社長に伝わって、そこからはトントン拍子で話が進み契約を結ぶことになりました」

▼スポーツ、経営ともに因数分解が必要

現在は、読売ジャイアンツの商品開発に力を入れ、CMを積極的に打つなど、ブランディングの真っ只中のようです。高校生が「NY」と描かれたニューヨーク・ヤンキースの帽子をファッションアイテムとして取り入れているように、「YG」と描かれたアイテムを着用する人で街が溢れ返る日も、そう遠くはないかもしれません。

対談の終わり、安田さんにこんな質問をしました。

「アメリカンフットボールのチームのつくり方と会社経営は似ていますか?」

安田さんは「はい」と深く頷きました。

「スポーツは合理的なアプローチをしなければ結果が出ない。逆に言えば、結果が出ない人は合理的なアプローチをしていないのです。上下関係を必要以上に重んじたり、チーム構成のバランスを欠いていたり。勝つためには、自分たちに何が必要なのかを考えて、因数分解していく必要があります。それは企業の経営と同じ。優れたスポーツ指導者は、いい経営者になれると思います」

合理的で理知的な体育会系の経営者。安田さんを表現するならばそうなるでしょう。

弘兼憲史(ひろかね・けんし)
1947年、山口県生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)勤務を経て、74年に『風薫る』で漫画家デビュー。85年『人間交差点』で第30回小学館漫画賞、91年『課長島耕作』で第15回講談社漫画賞、2003年『黄昏流星群』で日本漫画家協会賞大賞を受賞。07年紫綬褒章受章。

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  5. 5

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。