記事

IS首都ラッカ解放作戦の開始を宣言、米のシナリオ前途は多難 - 佐々木伸

過激派組織「イスラム国」(IS)の事実上の首都であるシリア・ラッカの解放作戦が始まった。作戦を担うクルド人主体の「シリア民主軍」(SDF)が6日発表したものだが、”絵”を描いているのは米国だ。シリアのアサド政権、軍事介入しているトルコはクルド人中心の作戦に猛反発しており、前途は多難だ。

何を約束したのか

 ラッカ解放作戦の突然の発表はオバマ米政権の意向を強く反映したものだ。隣国イラクのモスルでも現在、米軍支援によるイラク軍の奪還作戦が続いており、任期が3カ月余りとなったオバマ大統領の思惑は、モスルを制圧してイラクからISを一掃すると同時に、ラッカ解放の道筋を付けて次期大統領にテロとの戦いを引き渡したいというものだろう。

 しかしシリアは内戦状態。中央政府が存在し、ISとの戦いの中核になる政府軍があるイラクとは状況が全く異なる。アサド政権は国土の半分も支配していない。シリア政府軍もロシア軍、イラン革命防衛隊、レバノンの武装組織ヒズボラなどの支援でどうにか戦闘を続けているというのが実状だ。

 オバマ大統領は地上戦闘部隊を紛争地に派遣しないことを公約にしているため、シリアの対IS地上作戦は米国が最も有能な武装勢力とするクルド人組織「人民防衛隊」(YPG、3万人)頼みとなっている。米国はYPGとシリアのアラブ人勢力を糾合して「シリア民主軍」(SDF)を創設させ、ラッカ攻略を担わせようとしてきた。

 ラッカは元々、アラブ人の都市。民族が異なるクルド人にとってはよそ者の土地の話だ。従ってYPGは作戦の最終段階で、最も激戦となるラッカ突入を積極的に主導するつもりはない。この辺の事情は米国も十分承知しており、突入は元のラッカ住民ら約5000人のアラブ人部隊が中心になる見通し。

 だが、アラブ人部隊は士気も弱く、実戦経験も乏しい。このため米国はアラブ人を鼓舞して武器を供与し、シリアに投入している約300人の特殊部隊が訓練を施している最中だ。米国としては実戦を経験させながら、突入に耐えうる戦闘員を育てていく「オン・ザ・ジョブ・トレイニング」計画だ。突入に至るまでは、YPGの力を借りるしかない、というのが現実である。

 シリア内戦とISの台頭の混乱のスキに乗じて悲願のクルド独立国家を目指しているクルド人は政治的な見返りもなしにアラブ人の都市を奪還するため自らの血を流すほどお人好しではない。「米国がクルド人に裏で何を約束したのかだ。独立国家とまではいかないにせよ、将来の自治政府発足を支持するということではないか」(ベイルートの消息筋)。

トルコはどう出るのか

 米国の描いた絵が完成するには問題が山積している。まずは地域大国トルコの存在だ。トルコはYPGの勢力拡大が自国の反政府クルド人勢力を刺激するとして8月、軍をシリアに侵攻させ、長期駐留の構えを崩していない。当然、クルド人の勢力伸長につながりかねないラッカ解放作戦には反対だ。

 トルコのエルドアン大統領は先月、オバマ大統領に直接電話し、ラッカの解放作戦はトルコがやるので、YPGを作戦から除外するよう申し入れた。この要求にオバマ大統領がどう応えたかは明らかにされていないが、難色を示したのは間違いあるまい。米国はそもそも、トルコがラッカの制圧に本気で取り組むとは思っていない。軍に多大な損害が出るし、トルコ国内でISの報復テロが頻発するのをトルコが恐れているからだ。

 しかしトルコはこのまま静観しないだろう。トルコ軍のシリア侵攻後には、トルコ支援のシリア反体制派がYPGを攻撃し、一時交戦状態になった。YPG側が米国の説得で後退したため戦闘が終息したが、トルコはラッカの解放作戦にこうした配下の反体制派を使って参戦しようとするかもしれない。そうなれば、YPGとの戦闘が再燃し、解放作戦に重大な遅れが出るだろう。

 YPGは解放作戦開始の声明でも「トルコが介入しないよう」クギを刺し、警戒をあらわにした。米国は両者の緊張を回避するため6日に急きょ、ペンタゴンの制服組トップのジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長をトルコに派遣し、トルコの説得に躍起になっている。

 解放作戦に立ちはだかるのはトルコだけではない。ロシアの支援を受けるアサド政権も主権の侵害として反発しており、南方から作戦にちょっかいを出してくる恐れも十分にあり、事態がさらに複雑化しかねない。 

 こうしたトルコやアサド政権の動きなど不確定要素がなかったとしてもラッカの解放は簡単にはいかない。ISにとってモスルの陥落が視野に入る中、ラッカは最後の砦であり、「カリフ国」の象徴である。ラッカを死守するためなら化学兵器の使用や身の毛のよだつような残虐行為に出る懸念もある。ラッカ解放には想像を絶するような何かが起きる可能性がある。 

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。