記事

今だからこそ語りたいオバマの広島訪問 『オバマへの手紙』 広島テレビ放送社長・三山秀昭氏インタビュー - 本多カツヒロ

今年、5月27日バラク・オバマ大統領が、現職大統領としては初めて被爆地、広島を訪問した。テレビでは生中継が行われ、この歴史的な出来事に日本中が注目した。オバマ大統領と森重昭さんの抱擁シーンは世界に配信され、今年世界で最も記憶されている映像となった。

 この広島訪問の舞台裏ではどのようなことが起こっていたのだろうか。オバマの訪問の裏側で尽力し、『オバマへの手紙 ヒロシマ訪問秘録』(文春新書)を上梓した広島テレビ放送社長、三山秀昭氏に話を聞いた。

――オバマ大統領の広島訪問は、やはり09年の「核なき世界」を訴えたプラハ演説で明らかになる、核軍縮への並々ならぬ思いからだったのでしょうか?

三山:オバマのプラハ演説で始まった核軍縮への旅が広島で一応、終結したという考え方自体は否定しません。しかし、そうしたオバマ大統領の核軍縮に対する熱意だけで広島訪問が実現したわけではなく、国際政治の冷徹な現実の動きなど多面的な要素が絡み合っています。

――熱意だけという単純なものではなく、様々な背景が揃った結果が実現に繋がったと。具体的にはどんな背景があったのでしょうか?

三山:まず、オバマはこれまで4回日本を訪問しましたが、最初の訪日時から大統領就任中の広島訪問の可能性を探っていました。

 2009年にノーベル平和賞を受賞した直後に初訪日していますが、その際、ジョン・ルース駐日大使がオバマの広島訪問の可能性を非公式に藪中三十二外務次官に打診しました。しかし、藪中氏は認めませんが、事実上日本側は「no」と答えたのです。当時の鳩山由紀夫政権は、沖縄県の普天間基地移転問題で「最低でも県外」と日米合意を覆す見解を表明したために、日米関係がギクシャクしていたので、藪中氏も「歴史的訪問を実現する状況ではない」と判断、訪問は見送って欲しいと答えなければならなかった。

 その後、野田政権だった12年には、ワシントンでのシンポジウムで石原慎太郎都知事(当時)が突然、尖閣諸島を地権者から買取る合意をしたと発表。あわてた野田政権は尖閣諸島の国有化に踏み切った。当然日中関係は悪化し、また韓国の李明博大統領が竹島へ上陸したため、日韓関係も悪化した。

 また、12年に政権に返り咲いた自民党の安倍晋三首相が、自らの信念である靖国神社参拝に踏み切りました。この裏では衛藤晟一総理補佐官がワシントンへ密使として派遣され「安倍首相のかねてよりの信念なので参拝する」と伝えましたが、ホワイトハウスも国務省も「not welcome」と当然の反応を示した。このアメリカ側の意向を衛藤氏が安倍首相にきちんと伝えたのか、それともアメリカ側の反応を承知した上で、安倍首相が参拝に踏み切ったのかはわかりません。しかしこのことでホワイトハウスは外交では異例となる「disappointed」(失望した)という声明を発表しました。これらの出来事により、日米間のみならず、中国や韓国との関係もさらに悪化し、オバマは当分の間、広島訪問を見送らなければならなくなった。

――それはなぜでしょうか?

三山:オバマ政権は、それまでのヨーロッパ中心の政策から日本、中国、韓国、東南アジアといったアジア重視のいわゆるリバランス政策へ転換している時期でした。

 アメリカのリバランス政策と、日中韓の関係悪化は方向性が逆になります。それがオバマの広島訪問にどう影響するのかと言えば、もともと中国、韓国は米国大統領の被爆地訪問に関しては「被爆」という日本の被害面だけがクローズアップされ、中国と韓国が第2次世界大戦中に日本軍から被った被害はどうなってしまうんだと批判的に考えます。そうしたこともあり中国、韓国の反発も懸念して広島訪問は頓挫していたんです。

――こうした状況を打開したのはどんな出来事だったのでしょうか?

三山:2015年、アメリカを訪問した安倍首相が、アメリカ上下両院合同議会で行った「希望の同盟へ」と題する演説は、かつて戦火を交じえた日米の和解の演出としては相当なものでした。単に、軍事的や経済的な同盟ではなく、ある種の世界観や社会観までを共有するとしましたからね。

 一方、日中韓の関係も以前に比べればジワジワと良くなってきました。首脳会談もようやく開催されるようになりました。また、アメリカも中韓に対し、アメとムチではないけれど、シビアに対応したことで、中韓もこれまでと同じスタンスではいられなくなったんです。

――そうした政治状況が好転したこともあり、結局、オバマは伊勢志摩サミット後に、広島を訪問しました。しかし、サミット開催地決定前、三山さんは広島でのサミット開催のために招致に動いていたと。

三山:大統領選のスケジュールや彼の任期などを考えると、在任中に広島訪問を実現させるためには、今年のサミットの際に訪れるのではないかと考え、広島でのサミット開催のために動きました。ただ、伊勢志摩以外の他の地域は自ら名乗りを挙げたのに対し、伊勢志摩は安倍官邸から立候補地に誘い出したんです。表向きは広島を含めた8カ所から絞り込んだとされていますが、結局、伊勢志摩に決まったのは、警備面の優位性もさることながら安倍首相の伊勢神宮への特別な思いがあったからでしょう。

 また、開催地決定の裏では、国務省幹部が「広島開催であれば大統領も訪問しやすい」と日本側に伝えていたのに対し、オバマは「サミット開催地が広島だから結果として訪問するという形を望んではない。広島を訪問する場合には自らの意志で訪問したい」とキャロライン・ケネディ大使が日本側に伝えたという情報をキャッチしました。だからこそ、サミットが伊勢志摩で決定となっても、広島訪問の可能性はなお、残っているのではないかと考えたんです。

――その可能性に懸け、三山さんご自身もホワイトハウスへ2度も訪れていますね。

三山:広島テレビが被爆者や一般市民から集めた1472人分のオバマの広島訪問を熱望する「オバマへの手紙」を携え、2度ホワイトハウスを訪れました。本書第9章には、2度目の訪問の際に、国家安全保障会議の高官に手渡した「オバマへの手紙」特別編の全文を掲載していますが、この時、この高官は手紙に書いた被爆米兵の存在に強い興味を示しました。 ――オバマの広島訪問を象徴する写真として世界中に配信されたオバマと抱き合っていた日本人男性、森重昭さんがコツコツと調べてきたことですね。 三山:そうです。森さんは被爆した米兵捕虜12名の名前を日本軍に撃墜された米軍機の搭乗者名簿などから探し出し米国の遺族に連絡。連絡がとれた米兵を広島市へ伝え、現在では原爆慰霊碑に納められている死亡者名簿に加えるという作業を続けられました。森さん自身も被爆しているにもかかわらず、長年地道に調べていたんです。言い方は悪いですが、森さんの活動や米兵被爆者の存在は、オバマの広島訪問への反対が予想される退役軍人や保守派を納得させる一番のカードになるとも思いました。 ――被爆した米兵の存在を今回初めて知りました。 三山:アメリカが投下した原爆で米兵も死亡しているという「不都合な真実」は長年、日米両国で「極秘」でした。アメリカでは原爆投下から40年後のレーガン政権時にさりげない形で公表したのですが、一部の研究者を除き、ほとんど知られていません。  私も、同時期にワシントン特派員を務めていましたが、2011年に広島に赴任してから知りました。 ――オバマへの手紙はどんな内容が多かったのでしょうか? 三山:大半が、オバマに対し謝罪にはこだわらない内容でした。謝罪にこだわりオバマが訪問しないよりも、こだわらないことでオバマを招きたいという内容が圧倒的でした。  日本政府が直接、被爆者や広島の一般の人たちの声をホワイトハウスに届けることはデリケートな面があり難しいんです。だからこそ、地元のメディアである広島テレビが動いたわけです。元々、メディアという言葉は「medium」の複数形で「媒介する」を意味しますから、その言葉通り動いただけです。 ――そもそもなのですが、このオバマへの手紙はどういったキッカケで始まったのでしょうか? 三山:元々は、広島テレビの開局50周年事業として「piece for peace」(平和へのひと筆)というキャンペーンを始めました。これは、広島平和記念公園へ世界中から年間に1千万羽の折鶴が届くのですが、残念ながら飾ることが出来るのはごく一部になってしまい、残りを倉庫に保管しています。この保管された折鶴をなんとかしようということで、市当局が「折った人の平和への気持ちが生かされるなら、再利用することを認めよう」となり、今は化粧筆で有名な広島・熊野町の名産の毛筆で、「心に想う一文字」を書いてもらう企画を始めました。  このキャンペーンが反響を呼び、世界中からの観光客も含め18156文字も集まったのです。そこで、開局記念のキャンペーンで終わらせずに、被爆地広島へオバマに訪問してもらおうということで、「オバマへの手紙」に切り替えたのです。

――先程の話にも出ましたが、手紙の大半が、オバマへの謝罪にこだわらないという内容だったのには驚きました。これはどう分析されますか?

三山:1つには、戦後70年が経過し、今更恨み辛みを言うよりも、謝罪にこだわらず大統領を招くことでもう一度核軍縮のメッセージを世界に向けて発信して欲しいという現実的な対応もあったでしょう。

 また、実は終戦から2年後に小中学生から市民を対象に募集した「原爆体験と感想記」でも164人の手紙のうち、アメリカへの怒りではなく、6割が「平和」を求めていました。検閲を受けたものだと思われるかもしれませんが、調べたところそのような事実はなかったようです。

 また、広島が軍都だったことも影響しているのではないかと思いますね。戦時中、沖縄が陥落すればアメリカ軍が本土の西や南から上陸してくることが予想されたので、東京に第1司令部、広島に西日本司令部が設置されました。

 当時の広島では軍人が大きな顔をして闊歩していたそうです。広島県原爆被害者団体協議会の坪井直理事長は、被爆直後、息も絶え絶えに橋のたもとにうずくまっていると、日本陸軍のトラックが来て、救護もせずに戦争に使える若い男だけを連れて行ったというエピソードを語っています。怒りの対象が日本軍に向いているのが注目されます。

 一方のアメリカ軍を含めたGHQは、広島に小麦粉を重点的に配分し、それが現在の広島お好み焼きにつながっています。彼らに贖罪意識があったかどうかはわかりませんが、ヒロシマは気にはなっていたんだと思います。

 そうした日本軍に対する嫌悪感と、原爆を投下したアメリカへの思いが、長い年月を経る中で謝罪にこだわらないという内容につながっているのかなと思います。

――一方のアメリカ側は、広島に特別な感情を抱いているのでしょうか?

三山:アメリカ人の広島に対する思いはわかりにくい。アメリカの世論調査では「原爆投下は戦争終結を早めた」と思っている人は今でも半数はいます。ただ「原爆投下を正当化するか」となると、若い世代は疑問視する人が大勢です。一方、興味深いデータがあります。観光庁の調査の外国人旅行者の都道府県別宿泊者数のデータによれば、ほとんどの都道府県で中国人がトップなのに対し、広島だけはアメリカ人がトップなんです。広島への飛行機の直行便がアメリカからないにもかかわらずです。

 オバマが訪問したからと思われるかもしれませんが、このデータはその前年のもので、オバマの影響はありません。

――ここまでお話を聞いた政治的な環境が整ったことや、オバマへの手紙で広島訪問が現実味を帯びてきたようにも思いますが、アメリカ国内での反発はなかったのでしょうか?

三山:実際の反発よりも反発を警戒する空気の方が大きかったですね。ホワイトハウスはメディアを巧みに使い、謝罪しないことを国内向けに強調しました。

 また、オバマ訪問に先立ち、ケリー国務長官が今年4月にG7外相会議のため、現役閣僚として初めて広島を訪問しています。その際に、抗議のプラカードなどが掲げられることを憂慮していたところ、「welcome」と書かれたプラカードが掲げられました。会議後、G7外相会議議長である岸田文雄外相だけが通常は記者会見をするのですが、ケリー国務長官も自ら記者会見を開き「すべての人間は広島の地を踏むべきだ。その人間の中にはオバマも含まれる」と語ったのです。そして帰国するなり、オバマ大統領に対し、広島を訪問しても問題はないと報告した。

――そしていよいよ広島訪問を発表するわけですね。

三山:最終的に広島訪問を決断したのはオバマ自身です。

 ただ、決断に至る政治的な背景を整えたのは、ケネディ駐日大使、ケリー国務長官、岸田文雄外相の3人のKで、この3人は功労者と言えるでしょう。私たち広島テレビは「オバマへの手紙」を通じ被爆者市民の声や被爆米兵に関する森重昭さんの存在をホワイトハウスに繋いだだけのメッセンジャーです。

 ホワイトハウスは広島訪問を発表すると、国務省はソウルと北京に特使を派遣し、被爆者だけでなく全ての戦争被害者に哀悼の意を表しに行くんだと伝えました。ここでもオバマの広島訪問が国際政治の視点から行われたことがわかります。

 また、広島訪問の前日、伊勢志摩でオバマが原爆資料館を見るかどうかで、ホワイトハウスで副大統領に次ぐNo.3のポストにスーザン・ライス補佐官とケネディ大使が激論をかわしたようです。結局、オバマはケネディの案を採用し、原爆資料館を見学しました。ライス補佐官には、どちらかと言えば中国や韓国への配慮があったのかもしれません。

 日本の一部には、今回お話したような事情を知らずに、安倍首相が直後に行われた参議院選挙のために、オバマの広島訪問を利用したと考えている向きもあるようですが、それはあまりにも表面的過ぎます。

――最後に読者にメッセージはありますか?

三山:本書には、オバマへの手紙特別編の他に「広島の原爆炸裂時間は本当は8時15分ではない」「原爆はパラシュートで落とされたか?」「広島の原爆爆発直後の写真がないのはなぜ?」「8月9日、長崎に原爆が投下されたのは第一目標の小倉が曇りだったから、というのは正しくない」など「ヒロシマ、ナガサキの7つの『?』」も掲載しています。また、「原爆を投下しなかったら日本本土の地上戦になり、日米双方で100万人の死者が出ていた」というアメリカ人の一部で信じられているストーリーは、実はアメリカメディアの批判をかわすため、元米陸軍長官が、原爆投下から一年半も経過した後に発表した“後付け神話”であることも事実として証明しています。こちらもインサイドストーリーと共に知識として知っていただければ幸いです。

あわせて読みたい

「バラク・オバマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。