記事

Mr.Childrenの桜井和寿さんもカバーする乃木坂46を卒業、橋本奈々未さんという生き方。

1/2
先日、乃木坂46の人気メンバー、橋本奈々未さんの卒業が発表された。

先日書いた「乃木坂46の橋本奈々未さんが両親に家を買った理由」では乃木坂46のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」や各種インタビュー等を題材として、乃木坂46と橋本奈々未さんをお金・ビジネス・働きかたという視点から描いた。今回は前回書けなかった橋本さんについて言及したい。

※記事内で触れた楽曲等は全てyoutubeの公式アカウントのPVを紹介しています。

■「お金の話ばっかりする人」が乃木坂46に加入するまで。

前回の記事でメンバーの松村沙友理さんや生駒里奈さんについて「看護大に合格して看護士になっていた自分」「地元の高校を卒業して就職や進学していた自分」を影のように抱えていると書いた。橋本奈々未さんもまた人気アイドルである一方で「もう一つの人生」「アイドルにならなかった自分」を抱えているように見える。

映画のインタビューでは、昔は海外に行きたいと思っていた事、その第一歩として地元の北海道を離れて東京へ行こうと思ったこと、そこで確実に東京に行くための口実として東京の芸大を受験したことなどを明かした。

奨学金は全て学費の支払いに使い、生活費はアルバイトでまかなったという。最近では奨学金の返済にまつわるトラブルが度々報じられるが、橋本さんも破たん寸前の状況で大学に通っていたようだ。

さすがにアルバイト代や生活費の額までは明かしてはいなかったが、例えばアルバイトで毎月10万円稼がないと生活が成り立たない、という状況ならばまともに授業を受けることも生活をする事も出来ないだろう。準備不足、計画倒れ、と言ってしまえば簡単だが東京での生活は予定通りにはいかず「困窮」の一言だったようだ。

あまりの酷い状況に、一緒に上京してきた友人や親から地元に戻っては?と言われたという。一度帰省した時に友達と集まってバーベキューやったんですよ、と楽しそうに話す一方で、これで地元に帰ったら必死で受験勉強をしたことやお金を貯めて上京してきたことが無駄になってしまう……橋本さんは進むことも引くことも出来ない状況に追い込まれていた。そんな中で乃木坂46のオーディションに合格した。
オーディションに受かると、すぐにフラッシュがたかれて、次の日の朝には雑誌とか新聞とかニュースに自分の顔が出ているという状況がつらくて、そこから毎日ずっと泣いてたんですよ。私は芸能界に入る覚悟をもって受けたわけではなかったので。

乃木坂46・橋本奈々未「整形はしてないです」変化の秘密を告白 - 桜井玲香、鳥居坂46への思い明かす (1) デビュー当時の自分「めっちゃブサイク」マイナビニュース 2015/07/29
他のメンバーを見ると加入前に楽器や歌、ダンスなど、芸能活動につながる習い事をしている人は多いが、橋本さんが高校時代にやっていたことはバスケットボール部のマネージャーで、引退後はアルバイトに受験勉強と、とても芸能活動にはつながらない。オーディションも特に準備せず臨んだという。
私ずっと将来の夢がなかったんです。特に乃木坂に入ってからは、自分がこの先したいことが見つからない状態で。でも、そろそろ本当に見つけたい。

乃木坂46・橋本奈々未「整形はしてないです」変化の秘密を告白 - 桜井玲香、鳥居坂46への思い明かす (1) デビュー当時の自分「めっちゃブサイク」マイナビニュース 2015/07/29
女優やモデルとしても活躍し、乃木坂46の御三家とまで呼ばれる人気メンバーの橋本さんは夢をかなえるため、あるいは夢を見つけるためではなく、お金を稼ぐために芸能界に飛び込んだ。

■橋本さんが抱える退学という影。

橋本さんは結成当初から度々体調を崩して、ノドがガラガラの状態でバラエティ番組に出演して笑いを誘っているシーンもあったようだ。映画では体調を崩した結果、2014年に行われた真夏の全国ツアーを途中から欠場し、最終日に行われた神宮球場でのコンサートに出られなかったことを「差が広がった」と語っている。

すでに卒業したメンバーについて、ライブやミュージカルなど大舞台に参加できなかった人はその後辞めてしまうことがある、一度そういうことがあると埋めようのない差を感じるからでは、と説明している。自身もそんな状況になったから辞めた人の気持が分かるということだろう。

結局2014年に橋本さんは夏のライブを休み、大学も退学することになったようだ。金銭的に厳しい状況だったとはいえ、乃木坂46のオーディションに合格しなければ橋本さんもまたごく普通に大学を卒業して、就職をしていたか、あるいは大学生活が続けられなければ地元に戻って働いていたのだろう。

■橋本さんの目標は他のメンバーとは異なる。

病院と友達、と母親が表現するほど病気がちだった橋本さんだが、毎日同じ場所・同じ時間に通勤する会社員とは異なり、プレッシャーと戦いながらライブや握手会、テレビ番組などで全国を飛び回って不規則な生活を送れば体調を崩さないほうが不思議だろう。
退学を後悔しているかどうかは友人でも親族でも無い自分には分からない。ただ、前述の松村さんや生駒さんと同じように「大学を辞めなかった私」という、もう一つのあり得た人生を橋本さんは影のように抱えているのではないかと思う。

そんな状況でも、映画では「私も含めて家族がやっていけるまで活動する、目標はハッキリしている」と他のメンバーとは意味も方向性も全く異なる場所にゴールを設定していることや、すでに卒業を意識しているような発言も1年以上前の映画で見え隠れしている。弟さんの学費の話や来年には家を買うという話も、これらの話の一部として語られている。

家族を支えるためにキッチリ仕事をする……これが橋本さんのスタンスだろうか。芸能活動を嫌々やっているわけでないないことは間違いないようだが、アイドルとしての活躍を目標とする他のメンバーとはスタンスが随分違う。全てを投げ出して逃げることも出来る状況で、橋本さんにはとても二十歳過ぎの若い女性とは思えない心の強さがある。

■自由とは「自由席」の事である。

タレントに限らず、誰であっても好きな仕事を選ぶ自由がある。そして「自由」という言葉には一見するとマイナスのイメージは全く無いように見える。

ただ、自由であることは個々人に選択や判断が委ねられており、その結果失敗したり嫌な思いをしたりする可能性がある。これは新幹線の「自由席」をイメージすると分かる。自分が座りたい場所には他の誰かが座っているかもしれず、どこにも席があいていないかもしれない。隣に誰が座るのかも分からない。自由には結果を引き受ける「責任」がともない、望んだ結果を得られるか分からない「不安」がつきまとう。

では指定席なら安心かというと、そこに自由は無い。一昔前まで王様の子供は王様で、農民の子供は農民にしかなれず、他に選択肢はなかった。つまり自由を求めるならば責任と不安から逃れることは決してできない。

映画で描かれるのは、橋本さんをはじめ乃木坂46のメンバーたちが自らアイドルの道を選んだことで生じる重い責任、そしてアイドルとしてやっていけるのかどうかという不安だ。これはアイドルを選んだ自分との戦いであり、ライバルであるAKB48との戦いであり、ファンやレコード会社の期待という名のプレッシャーとの戦いでもある。

あわせて読みたい

「乃木坂46」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。