記事

「男の悪臭」防御マーケット最前線

川崎あゆみ=構成

「周りの上司や同僚が、汗でシャツがベタベタだったらどう思うか?」というアンケートに対し、「ビジネス以前に生理的に受け付けない」「どんなに仕事ができても心から尊敬できない」という回答が上位に並んだ(シービック調べ。女性回答者分のみを集計)。問題は汗だけではなく、汗が原因の「臭い」にもあった。

なぜ「男の汗の臭い」は問題視されるのか


夫のスーツの汗臭さに、日々憂鬱になるという妻の話を聞く。また、オフィスでは「管理職の人たちが使った後の会議室は嫌な臭いがこもり、しばらくドアを開けておかないと来客を通すのに躊躇する」という女性スタッフの声もある。発生源である男性は全く気付いていないようだ。

リンク先を見る
グラフを拡大

他人の臭いが気になる人の割合(ピップ調べ、20~49歳男女10,000人が対象)。女性の方が男性よりも臭いが気になる人が多い。男性の臭いに対して女性が厳しくなる要因の1つと考えられる。

汗をかくのは女性も同じ。では、なぜこれほどまでに「男性の汗の臭い」が問題視されるのか。女性は皮下脂肪が多く、断熱材の役割を果たし、気温が上がっても体温がすぐには上昇しないため、汗をかきづらい。対して男性は、皮下脂肪が少ない分、気温が上がるとすぐに汗をかきやすいという違いがある。さらに、男性の汗の方が皮脂を多く含み、さらに年齢が上がるにつれて、その量が増える。それが酸化したり、分解されたりすると嫌な臭いに変わる。

また、年齢に関係なく、疲れていると血中のアンモニア濃度が高くなり、臭いがきつくなる。しかし「自分が臭くないか」と気にしすぎると、余計に発汗してしまうという「ストレス汗」もある。

これから寒くなるといっても油断はできない。肌を流れるさらっとした夏の汗に比べて、じわっとにじむ冬の汗。秋冬は防寒対策のため、発熱性の下着や通気性の低い衣類を着こみがち。気温の低い外にいる間は問題ないが、暖房が効いた室内や電車の中に入ると、途端に汗がじっとりという人も多いだろう。かいた汗は重ね着しているため蒸発しにくく、雑菌が増えやすい環境にあり、モワっとした嫌な臭いがあがってくる。「汗の臭い問題」は一年中つきまとう。

「臭い対策」というマスクの新しい使い方

この問題を解決するかのように、防臭・消臭に特化したマスクが2016年9月にピップより発売され、注目を集めている。その名も『悪臭退散マスク』。見た目は普通のプリーツタイプの白いマスクと変わらない。なぜこのような商品が生まれたのか。

「30代男性社員の『通勤電車が臭くて耐えられない。その対策としてマスクを使っている』という言葉がヒントになりました」と話すのは、ピップ商品開発事業本部プロダクトマーケティング部新規開発課の角有沙子さん。ピップが行ったアンケート調査でも、他人の臭いが気になるシーンとして、「電車の中」が1位に上がった。

「臭いが気になるシーンはいろいろありますが、気になっても逃れることができない『電車の中』での使用に特化した方が共感を得られるのでないかと考えました。そのため商品パッケージは、通勤ラッシュの電車内でも臭いを気にせず快適に過ごせるイメージをイラストで表現しました」(角さん)

一般的に『悪臭』といわれる臭いの中で代表的なものが、「汗臭」「加齢臭」「排泄臭」の三大臭。「三大臭の原因となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸、これに加えて加齢臭の原因となるノネナール、排泄臭の原因となるインドール、硫化水素、以上6つの臭気成分に対して、バランスよく消臭率を高めるために、試作を繰り返しました。特定の臭気成分に偏らず消臭できるのは、弊社の商品だけです」と胸を張るのは、同課の貴志公介さん。

リンク先を見る
図を拡大

(左)少女漫画風のイラストが売り場で一際目をひく『悪臭退散マスク』(ピップ)。万人受けするパッケージ案も別に用意されたが、開発担当チームの強い希望が通り、“尖った”パッケージ案が採用された。(右)臭気減少率他社商品比較(ピップ調べ)。ピップの『悪臭退散マスク』は、6つの臭気成分をバランスよく減少させることが分かる。

これまでも防臭・消臭をうたうマスクはあったが、この『悪臭退散マスク』が注目されている点は、消臭フィルターで臭いを吸着し、分解までできるところだ。

「活性炭や光触媒を使用したマスクもありますが、活性炭の場合は、臭いを吸着するキャパシティが限られているので、ある一定量の臭いの分子を吸着するとそれ以降は効果がなくなります。また光触媒は、光が当たる必要があるなど、効果を発揮するための条件があります。一方『悪臭退散マスク』の消臭フィルターは、ナノレベルのセラミックスが臭いを吸着し、金属イオンで分解するため、理論上はキャパシティに限界がありません。朝の通勤時から夜の帰宅時まで余裕で分解。衛生面は別に考える必要がありますが、消臭面では"半永久的に"使い続けられます」(貴志さん)

臭いをカットするだけではない。淹れたてのコーヒーや香水など、いい「匂い」はちゃんと通すそう。また、「臭いに敏感になる妊婦さんにもよいのでは?」という声も同社に寄せられており、今後、想定外の使用シーンが生まれる可能性も高い。

臭い対策は社会人の新マナー

嗅ぐ側の「防ぐ」努力に任せるだけではなく、自らを顧みる必要もある。臭いを極力発生させないようにするにはどうしたらよいのか。冒頭の汗に関するシビアなアンケートを実施したシービック U&I マーケティング本部マーケティング部の西村裕美子さんに話を聞いた。

「男性向け制汗剤マーケットは、数年前から拡大の一途をたどっていますが、ここ数年で『臭いを香りでごまかすもの』から『汗と臭いを長時間抑えるもの』へとニーズがシフトしています。弊社の制汗デオドラント剤『男デオナチュレ』シリーズの使用者は、20~40代を中心としたビジネスマン。学生時代は、部活や体育の後、スプレータイプの制汗剤のひんやり感や香りを楽しんでいた人も、臭いで人に不快な思いをさせないという職場のマナーとして、防臭を新しい習慣にする人が増えています」(西村さん)

リンク先を見る
グラフを拡大

制汗剤市場と「デオナチュレシリーズ」売上の2008年比成長率(SRIデータ、金額、期間:2008~2015年、1~12月累計)。女性制汗剤市場が横ばいに推移する中、男性制汗剤市場は2015年では140%を超える伸張を示す。また、「デオナチュレシリーズ」の売上げは、男性向け、女性向けともに伸張しており、特に男性向け商品の伸びが目覚ましい。

汗には、体全体に分布するエクリン腺から出る無色無臭の汗と、ワキの下など特定の部分にあるアポクリン線から出る汗の2種類がある。特にアポクリン線から出る汗が雑菌によって分解されることにより臭いを発するので、ワキの下の汗をコントロールするだけで、臭いはずいぶん軽減される。

しかし、汗は体温調節などの大切な機能。「汗をとめてしまっては、体に悪いのでは?」という疑問に対しては、「全身の汗を止めるわけではなく、ワキで止めても体のほかの部位から発汗し、入浴時も汗は出るので問題ありません。また、周囲に臭いがしていないか気になりすぎると、それがストレスとなり余計に汗をかくこともあるので、適度なコントロールが必要です」(西村さん)

脱げないスーツ、だから終日持続の安心感を

制汗剤と一口に言っても、スプレー、シート、スティックなどその種類はさまざま。シービックでは、臭いの元となる雑菌の繁殖を抑制する効果と、毛穴を引き締めて汗を抑える効果があるといわれるミョウバンを原料に、直接肌に塗布する直(ジカ)ヌリの形状で商品を発売している。朝、ワキの下に直接塗れば、終日汗を気にせずに過ごせるという効果の高さから、直ヌリ制汗デオドラント売上No.1となっている。

「デオナチュレ 男クリスタルストーン」は、ミョウバンの結晶である天然アルム石を水で濡らして、臭いの気になる部位に直接擦り付けて使用する。入浴後、体が濡れている状態で、塗ってしまうという人もいるそう。寝ている間にも汗をかくため、就寝前に塗ってしまえば臭いを元から断てるというわけだ。

「デオナチュレ 男さらさらクリーム」は、指に取って塗るため、使用量を調節できる。「これだけの量を塗ったのだから、大丈夫」という安心感が得られるため、ワキガなど自分の臭いをストレスに感じるタイプの人からの人気が高い。

一番人気は、手軽な繰り出し式のスティックタイプの「デオナチュレ 男ソフトストーンW」。携帯にも便利なため、通勤カバンに入れておき、人と会う前にオフィスのトイレで塗り直す人もいるそう。

リンク先を見る
写真を拡大

(左から)ストーンタイプの「男クリスタルストーン」、クリームタイプの「男さらさらクリーム」、スティックタイプの「男ソフトストーンW」(すべてシービック「男デオナチュレ」シリーズ)。

「スプレーやシートタイプ特有のひんやりした使用感が好きという人も多いですね。ですので、出勤前にストーンやクリーム、スティックタイプの制汗剤でワキの汗を抑えておき、汗をかいたら顔や首筋をシートでさっぱり拭き取る『ダブル使い』もおすすめです。

また、弊社の制汗デオドラント剤には香りをつけていませんので、香水を楽しみたい人、整髪剤やシャンプーの香りと混じるのが嫌だという方にも安心して使っていただけます。男性向け商品はメントールを使用したものが多いのですが、あのスースー感が嫌だという方も意外と多いので、商品によって使い分けています」(西村さん)

男性の制汗剤市場は、女性の市場と比べて3分の1程度の規模だという。「制汗剤を使ったことがない」という男性が多いのが実情だ。臭いは自分では気づきにくく、家族でも指摘しにくいもの。しかし、今は「男の汗」が嫌われる時代。「汗は男らしさの象徴」という考えは存在しないと認識し、汗と臭いを制することで、「仕事ができて、周囲に気配りができる尊敬できる男性」と女性陣に思わせたい。

あわせて読みたい

「ビジネスマナー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  5. 5

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。