記事

『七人の侍』4K版のすばらしさ

黒澤明監督の名作『七人の侍』4K版を観てきた。この作品はもう何度観たことだろう。今回はデジタル修復された4K上映ということで期待していたが、ぼくの予想を上回るすばらしさだった。やっぱりできれば大きなスクリーンで観たほうがいいとおもいます。

全体に画面は明るく鮮明になっていた。以前に観たときにはややテンポが重いかなとおもったこともあったのだが、今回このような良好な状態で観ると、そのような重めのテンポもむしろ落ち着きと感じられた。つまり、少しずつテンポをあげながら徐々にクライマックスへと加速してゆく流れを感じとることができた。

予想外の収穫だったのサウンドである。この作品は、三船敏郎の菊千代はじめ、いろんな人物たちが怒鳴るようにしゃべることが多く、何をいっているのか聞き取れないことが少なくなかった。今回はそれがかなりクリアになっていた。さらに、馬の走る音や、町中の雑音、森のなかで木々がざわめく音なども、はっきりしているようにおもわれた。

こうした修復作業は地味で根気のいることだろうが、十分に敬意の払われるべき仕事だとおもう。

デジタル修復作業にかんする詳しいインタビューを見つけたので、ご興味のある方は読んでみてください。
http://www.stereosound.co.jp/review/article/2016/10/17/50246-2.html

もうひとつ、ひさしぶりに観てあらためて気がついたことがあった。それは、クライマックスの雨中の戦闘場面で、けっこう引きの画が多いことだ。昨今のアクション映画ではやたらにショットを細かくし、アップの多用が目につく。そうやってスピードと迫力を演出するのが当たり前になっている。テレビ以降の時代においてはそれもやむなしというべきかもしれない。でも『七人の侍』の姿勢は、むしろそれとは逆といっていい。

この作品のこの場面ではカメラは(望遠レンズをとおしてでさえ)対象に近づきすぎない。宮口精二が撃たれて死ぬ場面も、三船敏郎がお尻をこちらに向けながら討ち死にする場面もそうだ。(あらためて観ると、死んでしまう侍たち四人の殉死の場面は例外なくきわめてあっさり描かれている。死ぬ場面そのものが省かれているばあいもある。)

にもかかわらず、たたかいの凄惨さは十分すぎるほど感じられる。金や名誉や栄達と無縁であると知りながら、泥まみれで野武士とたたかう侍たちの勇気や気概、のみならず、かれらが背負わざるをえなかった悲しみみたいなものさえ感じられる。そこには、対象との距離感が確実に関係していただろう。

あわせて読みたい

「4Kテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  5. 5

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  8. 8

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  9. 9

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  10. 10

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。