記事
  • K.K.

ボランティアは公務員の代替となるのか

ごく稀に、公務員制度をなくし、公務員の業務をボランティア、もしくは、低賃金なアルバイトで代替すべきというご意見に出くわすことがあります。
基本、低賃金で、それ以上の業務を行うことも、昨今ではボランティアに分類されますので、ざっくり、十把一絡げに、論じてしまいましょう。

さて、現在、全国には有償でフルタイム勤務する300万余の公務員が存在します。
まずもって、これと同じ、300万人余の常勤ボランティアを確保できるかという問題があります。

もう、この時点で、絶対、無理ですね。

非常勤にすると、その数倍、必要ですし。

また、警察・消防など、24時間営業の官公庁も存在します。

治安維持組織の類似例として、日本にも、ガーディアンエンジェルスのようなNPO法人がありますが、メンバー総数は300人程度(Wikiソース)。
実働人数は不明ですが、全国300人で、日本の治安は守れません。

次に、義務を負わない人が、同じく、義務を持たない人たちを、統率できるかという問題があります。


仮に、無償でフルタイム勤務する300万余のボランティアが集まったとしましょう。
それを、金銭や福利厚生などという対価なしに、統率できるでしょうか。

基本、目的意識のないボランティアなんて、存在しません。
各々が、自らの目的や理想を持って集まってくるわけですから、それぞれの意見の対立が発生します。
それを統率するのに、何をもって統率するのでしょうか?

意見が採用されなかった人は、モチベーションが下がるでしょうし、最悪、辞めてもペナルティはありません。

とんでもないカリスマを持った人間が、数十万の単位で存在しないと、そんな組織は維持できません。


現場レベルでも、辞めるのは自由です。
生活保護の担当者にでも当たれば、即日退職する人が、後を絶たないでしょう。
予算の時期、無償で連日の深夜残業のできるボランティアが、どの程度存在するのでしょう。
連夜、税金の未納者宅に出向いて、逆に怒られる毎日より、とっとと辞めてしまうほうが絶対に楽なのですから。

そう。
辞めても、何の損もありません。
ペナルティもありません。
元々、ボランティアなのですから。


何より、毎日、他人様に頭を下げて、ボランティアをする人が、どの程度いるかということです。

真面目に、国や地域のことを考えている人もいるでしょうが、興味本位の人や名誉目的の人もいるでしょう。
その中で、熱意や責任感を一定水準以上に保つことは、簡単ではありません。
まぁ、無理と言って、間違いはありません。

そのうえ、思想・政治的主張・活動を法律で民間人以下に制限されるわけですが、これでも、ボランティアで公務員をやろうと言う人がいるなら、その人は聖人君子でしょう。
そんなもの、存在自体がレア物ですので、300万人を国内から集めることなど、不可能です。


そのうえ、継続的に組織を維持するために必要な知識や技術の伝承といった問題も発生します。
ボランティアが、恒久的に活動できるなど、基本、稀な例ですので。

以上、公務員をボランティアで賄うことは、不可能です。

ボランティアというのは、最終的に本人次第。

やりたい人がやる。
やりたくない人はやらない。
やりたい人はやりたくない人を強制しない。

やりたくない人はやりたい人の足をひっぱらない。

そんな世界に、絶対的責務の論理を持ち込むことは間違いです。
また、なんでも、タダでできるという考えも。はい。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  10. 10

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。