記事

働きたいベンチャーNo.1企業が「超・節水ノズル」を作れた秘密~東大阪市・DG TAKANO

1/2
早稲田ビジネススクール准教授 入山章栄 構成=嶺竜一 撮影=高見尊裕

水の使用量を95%減らせる超節水ノズル「バブル90」を開発し、『がっちりマンデー』や『めざましテレビ』などテレビ番組で紹介されて大ヒットしたDG TAKANO。もともと父の会社を継ぐ気がなく、IT企業を立ち上げようとしていた3代目社長が成功した理由とは?

工場密度全国1位の“ものづくりのまち”東大阪市に、「働きたいベンチャー企業ランキング」第1位に輝く人気企業「DG TAKANO」があります。水の使用量を最大95%削減できるが洗浄力は変わらないという超節水洗浄ノズル「バブル90」を開発したのは、3代目の高野雅彰社長。飲食店を中心に爆発的に売れ、急成長中のこの企業は、ちょっと変わった形の事業承継を果たした会社です。

父親の会社をそのまま継ぐ気がなかった3代目は、なぜヒット商品を生み出せたのか? 以下、早稲田大学入山章栄准教授がポイントを解説します。

画像を見る
DG・TAKANOの3代目社長、高野雅彰氏(左)と、父で2代目社長の高野善行氏(右)

中小企業が子息に代替わりしたことを契機に、突然変異のように成長する「第二創業」に注目しています。今回紹介するDG TAKANOはちょっと変わった、しかし大成功している一例です。高野雅彰社長のお父さんは、50年以上続く家族経営の町工場だった高野精工社の2代目社長。家業は旋盤による切削加工で、主に業務用ガスコックの製造をしていました。

しかし、高野氏は3代目をそのまま継ぐのではなく、別会社を2008年に起業しました。実は高野氏はそもそも家業を事業承継する気がなく、新会社の定款に書いた事業内容は、ITだったのです。
画像を見る 「発掘!中小企業の星」は、成長を続ける優良企業を取り上げて、その強さの秘密を各界の識者が解説する、雑誌『PRESIDENT』の連載記事です。プレジデントオンラインでは、本連載で紹介する注目の中小企業を募集します。

・推薦する企業名
・その企業に注目する理由(ユニークな事業に取り組んでいる、急成長しているなど、できるだけ数字を交えて具体的に注目理由をお書きください)
・推薦者の名前と連絡先

特に「事業承継」「商品開発」「海外進出」「人材育成・採用」の分野で、優れた成果を挙げている企業を探しています。自薦、他薦を問いません。記事を最後までお読みいただいた上で、こちらのフォームからご応募ください。

視点1「知の探索」~ビジネスの種を探ったら、父親の工場にそれがあった

リンク先を見る
写真を拡大
米カリフォルニアやドバイ、サウジアラビアなどからの問い合わせが多い。世界展開を目指し、東大阪の本社工場だけではなく、東京と米シリコンバレーに研究開発拠点を開設準備中。製造もフィリピンにある日系企業の工場へ生産の委託を開始している。


同社がブレークした背景には3つの経営学的な理由があると、私は考えています。第一に、高野氏が好奇心旺盛で、常に「知の探索」を続ける人だったこと。IT分野での事業を探すため、高野氏はあらゆるビジネスの種を探りました。そのときにたまたま、節水ノズルの仕事の話が持ち込まれたのです。

それは、1000分の2ミリ以下の精度を必要とするガスコックを製造する父の技術を知っている高野氏にとって「この品質でこんなに高い値段?」と驚くほど、ちゃちな代物でした。調べてみると節水業界は、有象無象がはびこる「ボロい商売」をしている業界だとわかってきたのです。

ここで「品質の高い節水ノズルを作れば必ず売れる」と実感した高野氏は、定款に一切書いていなかった“ものづくり”を始めます。そして、この挑戦に必要な技術がなんと、すべて父親の工場にあったのです。こう聞くと偶然が重なって事業が生まれたようですが、知の探索を続けたからこそ、このセレンディピティ(ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ること)が生じたといえます。

視点2「コアコンピタンス」~切削加工技術と最先端自動制御旋盤だけを引き継ぐ

第二に高野氏が父の会社の「コアコンピタンス(得意分野)」を見極め、それだけを引き継いだことです。高野氏は父親の事業の中から、切削加工技術と家にあった最先端のNC旋盤(自動制御旋盤)だけを引き継いだのです。

新製品を思索するために、高野氏は父から技術を教わると同時に、他社製品の構造を分析し、特許資料を読みあさり、設計・試作を始めました。しかし、試作しても技術が足りず精度が安定しません。悩むうちに、父親の工場に置いてあったあるNC旋盤が目についたのです。それは世界最速で加工できる最新の機械で、父親が買ったものの操作が難しく、誰も使っていなかったものでした。

メーカーに問い合わせると、「素人が使いこなすには、住み込みでやって1年かかる」と言われたのですが、高野氏は独学で、3カ月で操作を覚えます。その機械でつくった試作品第一号は節水率84%を実現。2009年3月に世界最大規模の水関連の展示会である「メッセベルリン水専門見本市」に出展し、世界中の関係者から大反響を得ます。さらに改良を重ね、17作目となった「バブル90」は節水率90%を超え、モノづくり日本会議主催の「“超”モノづくり部品大賞2009」でグランプリを獲得するのです。

このように、通常の事業承継では企業の資源をまるごと後継者が引き継ぎますが、高野氏のケースは切削加工技術と最先端のNC旋盤だけを引き継ぎました。だからこそ高野氏は開発に専念でき、バブル90の開発に成功したともいえます。

画像を見る
DG・TAKANO3代目社長の高野雅彰氏(左)、早稲田ビジネススクール准教授 入山章栄氏(右)

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  2. 2

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  4. 4

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  5. 5

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  8. 8

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    こじるり SNSでの誹謗中傷に嘆き

    女性自身

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。