記事

公的年金への不信とリスク資産

昨日の「公的年金への不信が預金を生む」では、公的年金への不信が、株式投資しようという意識を損なうと書いた。このことについて、別の言い方が可能である。公的年金をリスク資産だと思えばいい。

リスク資産とは、損失の可能性のある資産のことである。株式がリスク資産の典型である。

一方、公的年金は、日本国がなくならないかぎりほぼ確実に支給されるから、保険料を真面目に払ってさえいれば(徴収されてさえいれば)、個々人にとって立派な資産である。とはいえ、いつ支給条件が悪くなるかも知れず、減額される可能性を常にかかえている。特定の状況に置かれていないかぎり、増額されることはほぼない。こう考えれば、株式よりもリスクのある資産かもしれない。

老齢基礎年金の金額は現在のところ、満額で78万円とのこと。65歳から支給を受け、男性の平均寿命である80歳まで生きれば16年間だから、支給される年金合計は1248万円である(利息を考えていない)。

これに対して、個人が保有する金融資産は全体で1600兆円、1人当り1300万円程度である。基礎年金の合計金額とほぼ同じということになる。つまり、公的年金の金額は(つまり財産としての価値)はきわめて大きい。もちろん、年金受給権の生じていない若者や子供をどう考えるのか、基礎年金に上乗せされる厚生年金はいくらあるのか等を考えない、非常に大雑把な比較ではあるが。

この大事な公的年金にリスクがあるとすれば、個人は自分の財産形成をどう考えるだろうか。すでに、リスク資産を十分に保有していると考えても不思議ではない。これに加え、株式というリスクのある資産を持とうと考えるだろうか。

以上で述べたことを、日本の個人は直感的に理解しているのではないだろうか。そうだとすれば、貯蓄から投資への流れを作るのはきわめて難問である。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  5. 5

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  6. 6

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  7. 7

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  8. 8

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

  9. 9

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  10. 10

    コロナ禍で育つ生徒たち 後世での「コロナ世代」呼ばわりを懸念

    船田元

    09月21日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。