記事

フィリピン大統領ドゥテルテ 小国の見事な外交 トラストミーほどいい加減でないことを

フィリピン大統領ドゥテルテ氏の日本訪問が終わりました。橋下さんも評価されていましたが、小国が大国に向かう時の外交の方法をしっかり見せてもらったような気がします。 まず中国との首脳会談。裁判で負け国際的窮地に立っている中国に対し、南シナ海問題を棚上げすることで譲歩して経済的支援を勝ち取り、その上このニュースで示すように自国の利益を得る。(中国が比の漁船妨害せず 首脳会談受けた対応か)本当したたかです。

対米国に関してははたから見てると少し危険を伴います。フィリピンで反米運動が起き米軍基地を撤退させた後、中国にスプラトリー諸島(南沙諸島)を事実上占領されたのですが、まあ彼らの中では歴史上占領はよくあることで後で取り返せばいいと考えているのかもしれません。そして日本が思っているより領土問題への潔癖性はすくなく、米国の軍事力はそれほどいらないと考えているのでしょうか。ここは沖縄問題との比較をすべきでしょう。

そして日本。対米国の考え方からは全く合わないはずなのに、「最後には日本に協力する」という言葉を言って支援を約束されて帰るこの大統領。以前の「トラストミー」の人と同じぐらい言葉の責任を取らない人でないことを祈ります。日本も当然それは理解しているでしょうが。

とはいえ、フィリピンという小国の大統領が中国、米国、日本という3つの国を、手玉にとってたくさんの経済的支援を勝ち取り、自国の利益を最大限にするという外交の成果を上げたことは本当びっくりです。

もちろん日本の首相がこれをやることは、「トラストミー」の失敗含めて国際的な矜持の部分で難しいと思いますが、ロシアのプーチンさんも含めて、強い外交とはどこまで攻めれるかを見極めることだと思っています。それこそ最初から何も攻めないというのは独立国として間違いではないでしょうか。国連で核兵器廃止に反対したこと(核兵器禁止条約制定目指す決議案 日本は反対 批判の声も)を見ても、米国に気をつかいすぎている気がします。 

最後にこの橋下さんのツイートに同意します。もちろん私も麻薬取締方法を含め当然100%彼の行動を肯定してはいませんが、ただ外交は綺麗事ではないということを示してくれたいい例だと思います。

あわせて読みたい

「外交」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カルビ並と上 違いは見た目だけ?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    和田政宗氏 文春記事に抗戦宣言

    和田政宗

  3. 3

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  4. 4

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  6. 6

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    韓国が日韓企業の徴用工賠償提案

    ロイター

  8. 8

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    混乱生む安易な被災地支援に警鐘

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。