記事

武田、今期営業益見通しを据え置き 円高で売上収益は下方修正

[東京 28日 ロイター] - 武田薬品工業 <4502.T>は28日、2017年3月期の連結営業利益見通し(IFRS)を据え置くと発表した。為替円高の影響により、売上収益は下方修正するものの、主力製品が好調に推移すると見込んでいる。これまで「10%台前半から半ばの成長」としていた実質的なコア・アーニングスの17年3月期の目標は「10%半ばから後半」へと上方修正した。

上期の結果について、クリストフ・ウェバー社長兼最高経営責任者(CEO)は「成長は力強く満足している」と述べた。

連結売上収益は1兆7200億円から1兆6700億円(前年比7.6%減)へと引き下げた。為替円高の影響680億円を織り込んだ。

為替の年間平均は、1ドル=104円、1ユーロ=117円、1ロシアルーブル=1.6円などとなっている。

営業利益見通しは1350億円(同3.2%増)を据え置いた。潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」や多発性骨髄腫治療剤「ニンラーロ」など主力製品が好調なことから、為替円高のマイナス影響を吸収する。

「エンティビオ」は54カ国で承認され、9月に武田のナンバーワンの製品となった。19年3月期中には20億ドルを超える売り上げになると見込んでいる。「ニンラーロ」については新興国も含めて世界中で出していくほか、適応症も拡大していくため、将来的には「30億ドルを超える製品になる」(ウェバーCEO)と述べた。

16年4―9月期の連結営業収益は前年同期比5.9%減の8508億円、営業利益は同46.7%増の1620億円となった。

為替円高や事業売却などの特殊要因を除いた実質的な成長は7.4%増と増収になっている。営業利益は、為替や事業等の売却による減益影響を吸収して増益となった。実質的な成長が寄与しているほか、テバ社との合弁会社にかかる事業譲渡益が貢献した。

*内容を追加しました。

(清水律子)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  2. 2

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  6. 6

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。