記事

トランプ氏の不動産会社に汚職関与疑惑=ブラジル検察

[ブラジリア 27日 ロイター] - ブラジルの検察当局は、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏が経営する不動産会社がリオデジャネイロ港の大規模再開発に関連して「不審な方法で」恩恵を受けた疑いがあるとの見解を示した。

検察当局が裁判所に提出した書類で27日明らかになった。

リオの港湾再開発プロジェクトは五輪に向けて総工費80億レアル(25億ドル)をかけ、荒廃した港を広場や美術館、商業用・住居用不動産に作り替えるというもので、「トランプ・タワー」という名称の38階建てビルも5棟建設予定だった。

検察は、ブラジルの年金基金が同プロジェクトの建設権を事前に買い取り、後で売却した疑惑を捜査している。

検察によると、リオの再開発をめぐる契約にあたり、不動産会社トランプ・オーガニゼーションが「不審な方法で特別扱いを受けた」という。同社はリオの再開発で「トランプ・タワー」の命名権を販売したが、再開発への出資は行っていない。

同社と検察からのコメントは得られていない。

リオのトランプ・タワーの建設に関与した企業幹部は、ロイターに対し、検察の主張は事実無根であると述べた。

再開発では、トランプ・タワー5棟のうち2棟が8月の五輪までに完成する予定だったが、まだ着工にも至っていない。開発業者によると、プロジェクトは進行中で中止されていないという。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。