記事

トランプに反逆するミス・ユニバースの真実 スキャンダラス女優の面目躍如 - 風樹茂

1/2

ベネズエラでミス・ユニバースが多いわけ

 トランプにかつて「子豚ちゃん」、「家政婦」と揶揄されたことを暴露し、「女性蔑視トランプ → 女性票激落」の流れを作った、元ミス・ユニバースで女優のアリシア・マチャード(Alicia Machado )は、ベネズエラ女性の最大の夢を体現している。

 すなわち、ミス・ベネズエラからミス・ユニバースとなり、女優としてアメリカのマイアミの豪邸に住む。それが無理ならば美貌を駆使して金持ちの男、たとえば大リーガーで活躍する野球選手を見つけて結婚する。

 私の周りにもミス・ユニバースを目指していた女性は多い。地区のミスコンを勝ち抜き、20代前半まではモデル業を行っていた、昨年東京でミス・インターナショナルに選ばれたエディマー・マルティネス(Edymar Martínez)と同じミス・ユニバース養成学校に通っていた高校生、等々。6歳から、モデルになるための歩行練習さえ行われている。

 けれども、ミス・ユニバースへの道は険しい。まずは24州の予選を勝ち抜かねばならない。もともと他の南米と比べて美人率は決して高いとはいえないのだから、勝つために肉体の弱点補強が普通に行われ、整形することも少なくないと言われる。

画像を見る
授業では真剣そのもの。元ミスユニバースの特別授業にて(筆者撮影)

 そして、国内ミスコンの1位はミス・ユニバースへ、2位はミス・ワールド、3位がミス・インターナショナル(10月25日、東京で主催)のベネズエラ代表となる。その後は、ミス・ベネズエラ協会会長で、キューバ生まれのオスメル・ソーサ(Osmel Sousa)の厳しい手ほどきを受ける。英語の習得、受け答えの練習、歩行方法や笑顔の作り方、顔や肉体の矯正などを経てミスたちは世界の本選へと羽ばたく。

画像を見る
この中からミスユニバースは生まれるのか?(同)

 真剣度が違う。だから人口2900万人の国が、ミス・ユニバース7人、ミス・ワールド6人、ミス・インターナショナル7人も輩出している。

 それだけではない。ミス・ベネズエラ協会を運営しているのは、キューバ系の大財閥シスネーロス(Cisneros)グループ。べネズエラではコカコーラの販売権、カラカスの野球チーム、バーガーキング、スーパーなどを所有。テレビ局のべネビション(Venevision)も持ち、美人コンクールは看板番組のひとつ。海外でも中南米中心にテレビ局を運営し、不動産業も手広く展開している。

ミス・ユニバースを運営していたトランプ財団

 一方、ミス・ユニバース協会(本部ニューヨーク)を昨年まで運営していたのは、トランプ財団。両社は持ちつ持たれつの良い関係にあったはずだ。2009年、2010年にはベネズエラ女性が連続で王冠に輝いた。しかも、2009年の準ミスはドミニカ代表。トランプ財団とシスネーロス・グループは、当時ドミニカの観光地での土地売買を同時に展開している。コロンビアなど近隣国では「トランプはベネズエラと利害関係にあるからだ」と不満の声があがっていた。

 ところが、トランプは2015年6月の大統領選への出馬表明でメキシコからの移民について「麻薬や犯罪を持ち込む。彼らは強姦犯だ」と発言する。ラテン系アメリカ人との関係は一挙に冷却する。米国のスペイン語放送最大手のウニビション(Univision)は、「ミス・ユニバースは放映しない」、「トランプとの関係を切る」との態度を明らかにした。ウニビションとべネビションは番組を相互に融通する関係にある。こうして、シスネーロス・グループとトランプ財団の関係も悪化。美女を抱えるラテン系メディアの反発もあり、トランプはミス・ユニバース協会を売り払ってしまう。 

アリシア・マチャードの本国、ベネズエラの声

 アリシアがミス・ユニバースの栄冠に輝いたのは1996年、若干18歳のときだ。その後、わずか数週間で体重が18キロも増え、70キロ近くになる。ボクサーがやるような厳しい減量の反動がきたのだ。ニューヨークではハンバーガーなどのジャンクフード、帰国時にはベネズエラの主食、油で炒めたアレパ(=乾燥トウモロコシを挽いて丸く焼いた生地:現在は経済破たんから一般のベネズエラ人には高値の花)をバクバク食べたのだろう。

 ミス・ベネズエラ協会会長のオスメル・ソ―サは「国の恥だ。このままでは王冠を剥奪する」と激怒し、アメリカに滞在する彼女の元にダイエット食の専門家を送った。

 一方、トランプはニューヨークのジムにテレビカメラ、記者を多数集めてアリシアが運動で減量する様子を公開した。彼女は太った肉体を晒すことを拒否したが、トランプはミス・ユニバースの所有者。反抗はできない。そのトラウマのおかげで、5年近く拒食症と過食症を繰り返したと彼女は言っている。

 ベネズエラの女性に聞いてみると 若い女性(20代前半と30代前半)は「トランプは女性をセックスの対象としか見ていない。酷い言葉を使ってアリシアを侮辱したのよ。それは女性全体への侮辱だわ」。だが、40代のもっと分け知りの女性は「彼女は自分を売り込むためなら何でもやるベネズエラ女の典型なの」

 私は何もトランプの応援団ではないが、後者の女性の言葉に思わずうなづいてしまう。

あわせて読みたい

「ベネズエラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。