記事

義足の選手が、健常者の記録を超える日──各自の得意領域にフォーカスする Xiborgのチームワーク

1/2
画像を見る

今年はリオのオリンピックが開催され、2020年には東京でのオリンピックの開催も控えている。オリンピックの開催に合わせて注目が高まるのがパラリンピックの開催だ。


1960年から開催されているパラリンピックも、近年その捉え方が変化し始めている。近いうちに、義足を付けて競技に出場する選手が、健常者の選手よりも高い記録を出すのではないか、と注目されているのだ。


義足を装着することで身体を拡張し、健常者を超える”スーパーヒューマン”となるなら、それは身体の部位を欠損している人に対して私たちが抱く認識を変えうる。この未知なる領域に挑戦しているのが、義足エンジニアの遠藤 謙氏が率いるXiborg(サイボーグ)のチームだ。


Xiborgは、バイオメカニクスを考慮した競技用義足の開発、義足に合わせた選手育成、ロボット義足の開発などを行っている。未踏の領域に踏み出す一歩を生む、チームワークの秘訣を伺った。(写真左から井上 友綱さん、遠藤 謙さん、田原 哲雄さん)

義足の選手が、健常者の選手の記録を超える日を目指して

オスカー・ピストリウスという選手を知っているだろうか。両足義足のスプリンターであり、”ブレードランナー”の異名を持つアスリートだ。2012年、両足が義足の陸上競技選手として初めて、ロンドンオリンピックへの出場を果たしている。パラリンピックではなく「オリンピック」である。

遠藤氏は彼の姿を見て「競技用義足の選手が、健常者の選手の記録を超えるとしたら、すごいことだ」と感銘を受けたという。遠藤氏は偉業が達成されたときの、障害者へのメッセージ性の強さ、社会に与えうるインパクトの大きさに魅了された。

遠藤氏は、マサチューセッツ工科大学メディアラボバイオメカニクスグループにて、人間の身体能力の解析や下腿義足の開発に関わり、2012年に博士号を取得。日本に帰国後、共に義足の開発に取り組む仲間を探した。

遠藤:自分はエンジニアなので、走ることに詳しい人の協力が必要でした。コーチや選手、義足メーカーとも話をしていったのですが大抵は話を聞いてもらえませんでした。その中で最初に話に乗ってくれたのが、為末 大でした。

リンク先を見る
株式会社 Xiborg 代表取締役 遠藤 謙さん

陸上に詳しい為末氏に加えて、カーボン成形を手がけるRDSが実家のデザイナーの杉原 行里氏の3人で2014年5月にXiborgを創業した。

オーバーラップしながら互いの苦手領域をカバーするチームに

Xiborgが開発しているのは、バイオメカニクスを考慮した競技用義足の開発とロボット義足の開発だ。創業当時は、どちらのプロダクトも遠藤氏が開発を行いつつ、会社の運営も行っていた。

ハードウェアの開発は広範な知識とスキルが要求される。遠藤氏が1人で開発を行っている時期は、なかなか開発は加速しなかった。ロボット義足の開発に変化が起きたのが、現在、最高技術責任者を務める田原 哲雄氏がチームに加わったタイミングだった。

リンク先を見る
株式会社 Xiborg 最高技術責任者 田原 哲雄さん

遠藤:2000年頃から、田原さんとはずっとプロジェクトを一緒にやっていました。田原さんが働いていたクウジットと、私の所属しているソニーコンピュータサイエンス研究所で何か一緒にできないか、という話になり、田原さんがXiborgに派遣されてきたんです。私は田原さんがどんな技術を持っているのかも知っていましたし、田原さんもXiborgでロボット義足をやりたいということで、その後正式にXiborgに入ることになりました。

田原氏がXiborgに入って、開発の体制は大きく強化された。ロボットの開発は、「メカ」「電気」「ソフトウェア」の3つの掛け合わせで行われる。遠藤氏は全般的にカバーしながらも、メカに強いエンジニアだった。

遠藤:田原さんが入る前は、パーツを買って組み合わせて動かしてきました。本当は、自分たちのプロダクト用に最適化してパーツを開発するのが望ましい。ただ、私がそれをやろうとすると、時間がかかってしまう。田原さんは、システムの開発も得意なので、最適なパーツを作り出すこともできるんです。

田原氏は遠藤氏と同様に横断的に専門性を持ちながら、遠藤氏が得意ではない領域を得意としている。2人はお互い何をやっているかを理解しながら、足りないところを埋めるように開発が可能になった

田原:回路やソフトウェアの部分は、専用に作るとシンプルにできます。余分な回路もなくなるので、メンテナンスもしやすい。今は、開発したモジュールの一部を切り出して売ることはできないか、といったことも考えています。

リンク先を見る

2人のエンジニアが互いの強みを発揮し、Xiborgは現在ロボット義足のプロトタイプ「Shoebill」を開発している。「Shoebill」 は、2016年10月にスイス・チューリヒで開催される義体競技会「サイバスロン(Cybathlon)」にも出場を果たしている。

アスリートファーストで作られる競技用義足

ロボット義足と並行してXiborgが開発を進めているのが競技用の義足だ。アスリートが身につけ、競技に出場することになる競技用義足の開発には、アスリートの協力が不可欠だ。

Xiborgも、開発の初期の段階からアスリートがチームの一員として携わり、密にコミュニケーションをとってきた。だが、エンジニアとアスリートは考え方やコミュニケーションの仕方が異なる。そのため、為末氏がXiborgとアスリートとの橋渡しを担当していた。

異なるジャンルのプロフェッショナル同士が、同じプロジェクトに取り組んでいくためには、仲介役が必要となる。だが、それも最初の話。Xiborgが試作を繰り返し、アスリートとのコミュニケーションを重ねるうちに、関係性が築かれていき、今では為末氏以外のXiborgのメンバーも、アスリートとの信頼関係が構築できている。

アスリートの協力に加えて、競技用義足を開発するXiborgにとって大きな影響をもたらしたのは、東レや東レ・カーボンマジックの協力を得られたことだ。

遠藤:カーボンをどう成形していくかという知識は、ノウハウの固まりなんです。東レの協力を得られるまでは、私が計算をしていましたが、やはりわからないことは多い。カーボン成形のノウハウを提供してもらえるようになったことで、製品の開発は進みました

Xiborgは、佐藤圭太選手、春田純選手、池田樹生選手ら3人のトップアスリートたちと東レ、そしてボランティアスタッフの協力を得て、リオオリンピックの前に、競技用義足「Xiborg Genesis(サイボーグ ジェネシス)」を製品化するに至った。

リンク先を見る
リオでは佐藤選手がXiborg Genesisをつけて走り、4×100mリレーでは見事銅メダルを獲得した。

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  4. 4

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    機械オンチが「スマホ格安プラン」でつまづくポイントは? 「povo」に契約変更してみた

    NEWSポストセブン

    07月24日 08:45

  7. 7

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  8. 8

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

  9. 9

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  10. 10

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。