記事

比ドゥテルテ大統領「北京の休日」で吐露した「反米の原点」 - 竹田いさみ

1/2

 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は中国政府の招きにより、2016年10月18日から21日までの3泊4日の日程で、国賓として中国を訪問した。その後の訪日は2泊3日(10月25~27日)であり、明らかに中国重視の姿勢を見て取ることができるが、北京での日程をよくよく見ると、実質的な滞在期間は2泊3日といっても過言ではない。北京ではスケジュールをぎっしり詰め込むことはせず、ゆったりとした日程を消化した。

「米国との決別」発言

 メディアで最も注目されたのは、10月20日に行われた中国の習近平国家主席や李克強首相らとの首脳会談、中国とフィリピンの経済貿易協定調印式、中比経済貿易フォーラムでのスピーチであった。首脳会談に先立って、習近平主席はドゥテルテ大統領を人民大会堂の正面玄関前で出迎え、秋天の下での厚遇ぶりをアピールした。

 連日、米国への暴言や放言が報道されているが、同大統領による「米国との決別(separation)」発言は、同経済貿易フォーラムで飛び出したものだ。中比首脳会談後に、中国政府は対フィリピン経済協力として13本の協定を取り交わし、総額約2兆5000億円(約240億ドル)にも上ると言われる包括的な経済協力を打ち出した。これらの経済協力案件はいずれも「覚書」程度のものだが、フィリピン政府は、現状で満足できる条件を中国から獲得したことで外交的勝利と受け止めている。

 人民大会堂で習近平国家主席との歴史的な会談を終えた後に、待ち構えていた記者の1人から、前日の19日はほとんど日程が空白だという趣旨の質問が出た。不意を突かれたドゥテルテ大統領は、首脳会談の準備をしていたととっさに返答して、なんとかその場を切り抜けた。

 ここで取り上げられた、ゆったりとしたスケジュールの19日は、中国政府にとって、そしてドゥテルテ大統領にとって各々の思惑が交錯する充実した1日であったはずだ。「北京の休日」となった19日を追ってみるが、まずは北京に到着した風景からを再現してみよう。

ひっそりとした空港での出迎え

 ドゥテルテ大統領は訪中する直前までブルネイを公式訪問しており、10月18日夜、ブルネイから北京にチャーター機で乗り込んだ。同機が北京の首都国際空港に到着したのは午後8時を回っており、タラップを降りた直後に中国の王毅外相らの出迎えを受け、中国の最高級乗用車「紅旗」に乗車して一路、宿泊する北京市内のホテルへ向かった。この「紅旗」は習近平国家主席が2015年9月3日、「抗日戦争勝利70年」記念軍事パレードで、将兵を観閲した際に乗車したものと同じモデルである。

 宿泊していたホテルはと言えば、ドゥテルテ大統領があれほど罵声を浴びせた米国を代表する高級ホテル「グランド・ハイアット・ホテル」だ。

 夜の帳が下りた国際空港では派手な式典はなく、ドゥテルテ大統領を圧倒する歓迎式典は、これから2日後に人民大会堂の前で、習近平国家主席がドゥテルテ大統領の車列を出迎える行事までお預けとなる。

 ドゥテルテ大統領の歴史的な訪中の前に、ブルネイを訪問した理由はと言えば、以前に突然キャンセルしていたからである。もともとは、ラオスの首都ビエンチャンで9月初旬に開催されたASEAN(東南アジア諸国連合)関連首脳会議のタイミングでブルネイを訪問することになっていたが、大統領の地元ダバオ市内で爆弾テロ事件が発生したため、急遽中止したという経緯がある。

 今回のブルネイ訪問は延期となっていた日程を、再度調整して実現したもので、これに連続して訪中という歴史的な日程を組み込んだ。訪日は天皇陛下の日程調整を反映して10月25日~27日と決まっており、中国側はドゥテルテ大統領に対して早期の訪中を要請したことで、ブルネイ訪問と重なることになった。

 中国政府の招待による北京訪問も、当初は2泊3日を予定していたと言われるが、ブルネイ訪問に連続させてフライト・プランを組んだ結果、3泊4日へ延長した可能性もある。

中国からのプレゼント

 北京での一夜が明けた19日の午前中、ドゥテルテ大統領はいつものように部屋で十分な睡眠を確保して、お昼ころに起床したと言われている。大統領に就任する前のダバオ市長時代からの習慣で、起床は午前11時~正午の時間帯で、完全に夜型である。片頭痛の持病があると報じられており、ビエンチャンでのASEANと米国との首脳会議、またインドとの首脳会議も、午前中に開催されたため体調不良(片頭痛)を理由に欠席している。フィリピン国内での記者会見は深夜12時から行われることもある。

 お昼過ぎ、宿泊しているホテルから徒歩で外出して、北京随一の繁華街で知られる王府井(ワンフーチン)をゆっくりと歩き、北京ダックで有名な中華料理レストラン「大董(Dadong Roast Duck)」王府井店に足を運んだ。お洒落な照明ライトに包まれた個室で、随行団の閣僚に加えて、中国政府要人も交え、北京ダックのフルコース・メニューを堪能した。

 円卓のテーブルへ着席する前に、ドゥテルテ大統領は中国側から洒落たブリーフケースを、突然プレゼントされる。中身はと言えば、中国がドゥテルテ大統領へプレゼントする麻薬中毒者リハビリセンターのデザイン画が収められた設計図で、厚紙にカラー印刷されたデザイン画と設計図1枚ずつに目を落としながら、ドゥテルテ大統領はご満悦の表情であった。

 このリハビリセンターの建設構想こそ、中比関係を飛躍的に改善するための大きな第1歩。中国側としてはリハビリセンター建設支援に着手するという意思表示を、ここで行ったのである。とにかく中国によるフィリピンへの支援は早い。ラオスの首都ビエンチャンで9月初旬、ドゥテルテ大統領と中国の李克強首相が、南シナ海問題を実質的に棚上げすることで“手打ち”をして以来、中国はすでにマニラにある既存の麻薬中毒者リハビリセンターへの支援を表明し、フィリピン側の信頼を獲得し始めている。中国は麻薬中毒者を治療するリハビリセンターをフィリピン各地に建設する支援を持ちかけており、これがドゥテルテ大統領の心証を良くしている。

 北京ダック専門レストラン「大董」には2時間ほど滞在し、その後、車でホテルに戻って、夕食までの間は十分な休息をとったようだ。少なくとも公表されている日程を見る限り、他に予定は何も入っていない。

あわせて読みたい

「フィリピン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  10. 10

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。