記事
  • ヒロ
  • 2011年08月13日 10:00

菅首相のバトンのメッセージ

菅総理の辞任の秒読みとなってきました。ここで僕が注目しているのは菅総理は与野党の協力体制に対してバトンを渡すといったことであります。

民主党に政権交代が行われた際、日本の本格的二大政党時代の始まりだ、と大きく取り上げられました。が、この2年間、その言葉に国民はどう感じているでしょうか?

二大政党の発想はイギリスにあったといわれています。1800年代のトーリー党とホイッグ党はその学説の一つで、主にイギリス、アメリカ、カナダなど欧米諸国で広まっています。日本では戦前、政友会と民政党が二大政党時代を築いたといわれています。が、その後、この二大政党は政争ばかりで国民を放置したためにそのポピュラリティを失いました。

戦後の日本で自民党と社会党時代も二大政党という意見もあるようですが、僕は基本的に自民党独走であり欧米でいう二大政党とは程遠いものだったと認識しています。

日本ではなぜ、二大政党が根付かないのでしょうか?それは資本階級と労働階級という明白な格差が国民意識の中に生じていないからではないでしょうか?欧米を見てください。資本家の年収は億単位が普通です。日本でカルロス・ゴーン氏が10億円近く貰っていますが、北米では驚く水準ではありません。ここバンクーバーですら会社が赤字でも数億貰っている人が散見できます。一方、労働者の権利は限られており、それを政治を通じて訴えるという構図が基本にあるのではないでしょうか?

日本はどうでしょうか?世界でもっとも社会主義思想が進んだ国だといわれています。それは平等主義であり、格差が欧米に比べ極端に小さいのです。日本は国家統一され、それを日本の歴史として受け入れてきたのです。相二つ(或いはそれ以上)の政党が正面からバトルする姿はある意味、なじみにくい景色であります。

日本が本領を発揮できるのは象徴たる天皇のもと、内閣が強い指導力のもと国家運営を図る時ではないでしょうか?意見を戦わせ、議論をすることは大事です。が、戦前の二大政党時も結局足の引っ張り合いと国民不在の政争を繰り返したことで政党政治の終焉を迎えることになりました。

そしてこの2年間、まったく同じことが繰り返されたのではないでしょうか?国難たる震災の際にも与野党が力をあわせることを拒んでしまいました。これは日本政治の汚点でもあります。

菅首相は在任期間中、民主党内部との戦い、そして、震災時に野党と良好な協力関係を作り上げられなかったことを悔やんでいる事と思います。それが与野党協力内閣という言葉に強く込められているのでしょう。

この点については僕は同意します。そして日本が一丸となって進むべき方向に向かわなければ国民はさまよいはじめることになるでしょう。菅総理の苦難は大いに振り返って考えるべきだと思います。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  5. 5

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  6. 6

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  9. 9

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  10. 10

    米・伊選手団が食堂で「マスクなし大宴会」 五輪選手村スタッフが目撃

    NEWSポストセブン

    07月28日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。