記事

【第2報~新潟県知事選】 「再稼働許さない」 県民の意思が奇跡を起こした

画像を見る

「マスコミの皆さんも驚いたでしょ。県民の民意は原発再稼働反対なんですよ」。森ゆうこ選対本部長はたっぷりと皮肉を込めてメディアに釘を刺した。=16日午後9時20分頃 米山選挙事務所・新潟市中央区 撮影:筆者=

 「まず候補が出たことが奇跡。市民の力が組織の力を超えて当選する事ができた、これも奇跡だと思います」。

 米山隆一候補に当選確実が出ると「新潟に新しいリーダーを誕生させる市民の会」の佐々木寛代表が喜びの弁を述べた。

 米山が立候補を決意したのが告示の6日前。民進党を離党に追い込まれたのが2日前だった。

 告示を翌日に控えた9月28日早朝。米山が民進党の支援を取り付けようと党本部を訪問するという情報が流れた。

 田中ほか「新潟日報」など2社が民進党本部前で来訪を待ち構えたが、午前9時を回っても米山の姿はなかった。「ツイッターで新潟5区公認内定取り消しの決定を知った」というのだ。

 米山は「(民進党本部に)伺うと恋々としているとの誤解を生みかねませんので予定を取り消させて頂きます」とツイッターに書き込んだ。

 米山は「一無所属候補として、支援してくださる仲間たちと全力で戦い抜く」と退路を断った。

画像を見る

民放が米山候補の当選確実を伝えると、支援者は総立ちとなって喜んだ。=16日午後9時02分頃 米山選挙事務所・新潟市中央区 撮影:筆者=

 これが功を奏した。民進カラーがなくなったことで、かえって再稼働反対の旗が立てやすくなったのだ。

 米山の選挙を支えた「市民の会」共同代表の磯貝潤子は、福島からの避難者だ。米山陣営のボランティアには原発避難者が少なからずいる。

 午後9時02分、米山に「当確」が出ると、選挙スタッフたちと抱き合って喜んだ。原発事故の悲惨さを知る彼女のような人物が選挙の中心にいたことで、切迫した危機感が新潟県民に伝わったのではないだろうか。

 原発避難者が新潟県に多いのは、泉田知事が「福島事故の検証無くして再稼働の議論はありえない」と強固な姿勢を貫いていたからだ。

 森民夫が勝っていたら原発避難者らは支援を断たれ、帰還を余儀なくされることになっていただろう。

 米山新知事の“生みの親”ともいうべき森ゆうこ選対本部長が力を込めた。

 「この戦いの意味、『原発再稼働をぜったい許さない』。その県民の意思が示されたと思います。まさに歴史に残る戦い。この新潟から原発に頼らない社会を作って行きましょう」。

  ~終わり~


『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「新潟県」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。