記事
  • 2011年11月01日 20:44

中国の拝金主義(『朝日新聞』記事より)

 昨日に引き続き今日も日本の新聞記事をネタもとにしたエントリーになります。10月30日の『朝日新聞』「ルポチャイナ」で中国の拝金主義に関する記事が掲載されており、興味を引かれたので、これについて少し。

1 中国の拝金主義


 この記事は一言で言えば、行政だけでなく、教育や医療の現場まで拝金主義が入り込んでいるというものです。教員の採用試験で受かるために現金を要求され、点数が上でも現金を渡さないと教員になれないことや、医師に現金をわたすかどうかによって、入院費などが異なること等が紹介されています。

 行政機関は言わずもがなで、規則違反があったとしても担当者に賄賂を渡せば、罰金が大幅に減額される。本来こうした状況を批判的に報道するはずの報道機関も賄賂を受ければ報道を差し控える、挙げ句の果てに都合の良い記事を書いてもらうために、賄賂を要求する者もいる状態。

 こうした記事の難しいところなのですが、どうしても記事のおもしろさを追求すると、多少極端な事例を探してきます。それにこうした事案があるのもまちがいありませんが、数を並べられると受け取る方はどうしても、相乗効果を生みます。

 そのため、この記事を読んだ人は中国の拝金主義、腐敗はここまでひどいのかと思ってしまうかもしれません。そして中にはこうしたことをやっているから中国はだめなのだとか、こんなことをしていたのでは中国はだめになってしまうと思う人もいるのではないでしょうか。

2 変わらない中国


 ただ覚えておいて損はないと思うのは、中国は別に最近こうなったというわけではなく、昔から「関係」と言われる特別扱い(コネ)を重視してきたということです。貧しいときは確かに今ほどの拝金主義はなかったかもしれません。しかし、他人に何しかしてやると、その見返りと要求することを基本とする「関係」(コネ)は以前からありました。

 そのため、医者は知り合いとそうでない人との医療における差をつけることもあれば、学校関係者とコネがあれば就職できるということも以前からあったことであり、単にそれに「金」という新たな媒体が結びついただけと私は基本的に考えております。

 そのため、現在の中国の状況を擁護するつもりは毛頭ありませんが、そうした社会形態でも現在のような発展を成し遂げたのが中国です。それには理由があり、こうした腐敗がある一方で熾烈な競争社会でもあり、腐敗だけでないという当たり前の現実があるからだと思います。

3 中国の競争主義


 中国の大学入試試験の厳格さは定評のあるところです(いろいろな点数の上乗せ等がありますが、他にあるようなひどい不正はありません)。大学入学後の勤勉さ(勉強時間)も、とても日本の大学生とは比較になりません。

 中国が豊かになったことに伴い、どうしようもないボンボンの2代目もいます。しかし、小さい頃から金にあかせてエリート教育を受けた者もおります。ピアノなどの習い事は言うに及ばず、留学経験も当然だという方々です。

 そうした方々はエリート同士で「関係」を結び、互いに相手に融通を図る事を通して、自分の利益を確保します。労働者は労働者で、自分の利益になることはないか常に探しており、日系企業で技術を学んだ後で、より給料の高いところに転職されるということは何度か聞いたことがあるかと思います。

 これも拝金主義ですが、1元でも高いところに自分の労働力を売りつけようとするたくましさと言えるかもしれません。こうした競争は至る所にあり、これが中国の活力の基になっている面は否定できません。こうした競争の中で、金のあるものは金を使い、コネのあるものはコネを使い自分に有利になるようにしてきたのが今の中国です。

 そうなれば金もコネもないものはかなりひどい取扱を受けることになるので、私もこの制度が良いとはとても思えません。しかし、こうした面もありながら発展してきたのが中国で、こうした面があるからだめだという発想だけはすべきはないと思ったが故のエントリーです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  8. 8

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  9. 9

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  10. 10

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。