記事

ボブ・ディラン「ノーベル文学賞受賞」をむりくり持ち上げる、佐藤良明先生の日経新聞コラムが痛い

先日、編集部の誰ぞが「ディランがどうのこうの」と話してるのが聞こえた。「はあディラン亡くなったのかな。歳だしなー」とか頭の隅で考えつつ、興味もないのでスルーしていたわけよ。個人的にはボウイの死去のがはるかにでかいしさ。さよならトム少佐。いずれ衛星軌道で会いましょう。

ほんならなに、ノーベル文学賞だと。

なんすか、それ。

ノーベル賞選考委員会、頭ワイたのかw

ディランを顕彰したいなら、ノーベル音楽賞でも作ったらどうすか。まあそれでもディランの受賞順番とか、はるか彼方だろうけど。たいしたミュージシャンじゃないじゃん。サウンドの先鋭性や重要性では特に。

百歩譲って、どんなに優れた歌詞作ってたと仮定しても、一般的な感覚では、そりゃ文学とは違うだろ。めっちゃ広く取れば文学かもしれないけど、それより以前に顕彰すべき一般的な意味での文学作品/作家が、はるかに多いだろ。

そのへん、ノーベル賞選考委員と私は、絶対にわかりあえないなと思った。というか一般的日本人なら、違和感しか感じないのでは。

――とまあ、私としてはそれで終わるはずだった。その程度の軽い話題だし、ノーベル賞選考委員会がトチ狂ったとしても、別に興味はない。だが10/14の日経朝刊に頭の痛くなる記事が出て、私の炎上脳に燃料を焚べてきやがったw

米文学者の佐藤良明センセイ寄稿で、要するに「ディラン受賞は当然」と主張するやつなんだが、そのムリクリ擁護が凄い。

まあこの手の「お文化」寄稿では、末尾がオチというかカッコつけの余韻持たせにするパタ―ンが多い。実際彼の寄稿もそうなのだが、ディラン受賞を苦し紛れで正当化してるから、わけわからなくなってて凄い読み物。

文末を引用してみる。
フォーク純粋派をロックのビートで染めた男が、そのざらついた声で純文学を染め、文学もまたポップな帝国の中にあるという、資本主義先進国の常識を、改めて世界に印象づけたのが今回の出来事である。往年の若者たちの革命が半世紀を経て、ストックホルムでその総仕上げの儀式を行う。そこでスポットを浴びるのも、やはりディランというわけだ。(日経新聞 10/14朝刊)
凄いすねー。なんすかこの寝言。

ポップミュージックは消費されるものという、あたりまえの商業的側面と、ノーベル文学賞に、なんの関係が?

「半世紀前の若者革命」って、ベトナム反戦運動のこと? ディランと関係ないじゃん。むしろ真逆で、公民権運動関係者から異様に持ち上げられる自身のパブリックイメージから逃れようと、彼はもがいてたと思うんだけどさ。

なんすか、反戦運動が評価されたとか言いたいのか? 団塊の「反政府・でも政府からもらえる年金は俺様世代まで食い逃げ」野郎かよ。(えーともちろんおわかりと思いますが、一部の団塊世代の方々のメンタリティーの話ですよー)

ちなみにこれ、このオチだけひどいわけじゃない。イントロからメインの主張にいたるまで、英文学者の名前を列記して権威付けしてるだけの論旨が続いてる。

よくもまあこれを掲載したもんだと思うわ。まあ「ボブ・ディランがノーベル文学賞受賞」をポジティブな記事にしようとすると、こうせざるを得ないんだろうけど。

もちろん悪いのは先生でなく、その方向の原稿を「頼んだ側」ってことなんだけどさ。

その意味で、注文主の意向に沿ってホイホイ書くという、佐藤良明先生のフリーライター的美質が、存分に発揮された仕事とは言えるだろう。

日経新聞としては、変わってもいない地震名称を「東北差別から変わった」と主張した宗教学者山折哲雄センセイのトンデモコラムとか、野良猫おばさんが苦情住民をあざ笑う作家宇江佐真理氏センセイの独善コラムに勝るとも劣らない記事。あれもひどかったけどな―。

あわせて読みたい

「日本経済新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。