記事

数カ月以内のラニーニャ現象発生確立高まる=米気象当局

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米国立測候所( NWS)内の気象予報センター(CPC)は、13日の月例予報で、赤道付近の太平洋で海面が低温になるラニーニャ現象が数カ月以内に発生し、北半球の今秋から2016/17年の冬にかけて持続する確率が高まったと発表した。

CPCは、ラニーニャ現象発生の確率を、先月示した中立から70%に引き上げた。また冬にかけて持続する確率は、55%とした。

ラニーニャ現象は通常、太平洋赤道域東部の海面水温が平年を上回るエルニーニョ現象に比べて被害が小さいが、深刻なケースでは洪水や干ばつと関連があるとみられている。発生に法則性はなく、2─7年周期で発生する傾向があるとされる。

あわせて読みたい

「天気」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  5. 5

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。