記事

タイバーツが堅調、国王死去でも大きな混乱は生じないとの見方

[シンガポール 14日 ロイター] - 14日の外国為替市場では、タイバーツが1%以上上昇して始まった。プミポン国王の死去で短期的な資本流出のリスクはあるものの、タイ経済に大きな混乱が生じる可能性は低いというのがアナリストや外交筋の見方だ。

0129GMT(日本時間午前10時29分)時点で、バーツ<THB=TH>は1.3%高の1ドル=35.10バーツ。始値は35.12バーツ。13日終値は35.55バーツ。

あわせて読みたい

「タイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  7. 7

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。