記事

タイのプミポン国王の死去

以前から「いつ、どのように」と噂されていたタイのプミポン国王が死去したとのニュースが入った。「やはり」である。これは、東南アジア情勢に大きな影響を与える可能性がある。

タイのプミポン国王は在位70年だったとのこと。1946年、つまり第爾氏世界大戦が終わってすぐに国王となったわけだ。その在位の間に、タイは東南アジアで最も発展した。

1970年代、父親がビルマ(あえてビルマと書いている)に行った時、「タイのバンコックに戻るとほっとする」と感想を述べていた。当時でもそれなりの国だった。

1977年、僕と家内の新婚旅行ではバンコック(ついでにシンガポールと香港)に行った。今で言うとミャンマーのヤンゴンという感じの状態だった。やはりそれなりの、飯はまあまあ美味いし、治安もインフラもそこそこの都市だった。

ニュースによると、タイ王朝の後継者はワチラロンコン皇太子ということだが、国内の評判は良くないらしい。それよりも国王の娘だったか、そちらの評判がはるかに高いと、今は亡き福間氏から聞いた。それにもかかわらず、皇太子が順序に従って国王になるとすれば、今後のタイはどうなるのか。不透明である。これまでのタイでは国王が最後の重しとなり、タイがきわめて不安定になるのを防いできたから。

東南アジアも、いよいよ混迷の時代になるのか。世界中、国民を納得させられるような統治者の出現は困難を極めている。ミャンマーも根底には難しさがある。今後の有望株と評価されていたフィリピンも非常に怪しい。東南アジア全体、投資するには政治リスクがある地域なのだろう。そうはいっても、中米、アフリカ、中近東、東欧周辺国に比べれば安定しているように思える。

世界情勢はよくわからない。むしろ、安心して投資できる国は数か国というのが正しい。

あわせて読みたい

「タイ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  5. 5

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  6. 6

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  7. 7

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  8. 8

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  9. 9

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  10. 10

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。