記事

「改憲国民投票」、近づく? - 鈴木耕

1/2

 ようやく熱風の夏が終わったと思ったら、今度は妙な風が吹き始めた。「解散風」とかいうらしい。
 二階俊博自民党幹事長は、10月10日、和歌山市での記者会見で「選挙の風が、もう吹き始めている。こんなにどんどん吹き始めると、いま準備にかからない候補者は論外だ」と語った。
 なにしろ政権党の大幹部が、自ら「選挙の風が吹き始めた」と煽るのだから、ほんとうに解散が近いと考えて間違いないだろう。「解散風は吹き始めたら止められない」というのが政界の常識、もう待ったなしの状況だ。残る問題は「解散時期」だけ。
 その時期を見極めるための前哨戦ともいえる選挙が3カ所で行われる

 まず、10月16日に投開票の新潟県知事選。
 ここは、現知事の泉田裕彦氏の突然の立候補取り止めによって混沌としていたが、自民公明は前長岡市長の森民夫氏(67)を推薦。固い自公の組織票に乗る森氏が断然優位とみられていた。だが「柏崎刈羽原発の再稼働に厳しい姿勢をとり続けた泉田知事の路線を引き継ぐ」と明言して立候補した医師の米山隆一氏(49)が猛追。情勢は伯仲という。
 マスメディア各社が行った新潟県民の事前調査によれば、原発再稼働反対が軒並み60%を超え、再稼働賛成は20%程度。原発問題が争点になりつつある中、結果は予断を許さない。
 鹿児島県知事選の前例もある。原発再稼働に待ったをかける知事が新潟にも誕生すれば、安倍政権にはそうとうな打撃になる。
 しかし、問題は民進党だ。米山氏は元々、民進党の次期衆院選の候補者だった。その米山氏を、なぜか民進党は推さず、共産、社民、生活の3野党の推薦候補ということになった。民進党の蓮舫執行部は「次期衆院選も野党共闘で」とようやく決めたようだが、自分の党の候補者も知事選で推せないのに、野党共闘などできるのだろうか。
 むろん、陰にはもはや“労働者の味方”であることをやめてしまった「連合」の存在がある。原発推進労組である電機連合が強い力を持つ「連合」は、再稼働に厳しい米山氏の路線を否定、逆に再稼働に前向きな森氏に乗ってしまったのだ。連合に逆らえない民進党は、そのため米山氏を推すことができない。みっともない。
 だが、もし米山氏が勝つことになれば、民進党の存在価値は無きに等しくなる。それに、共産党嫌いで有名な(というより、民主党大敗北の責任者だった)野田佳彦元首相が幹事長を務める民進党なのだから「野党共闘」などはとても本心とは思えない。

 東京10区、福岡6区の衆院補欠選は23日に投開票。東京10区は、小池百合子氏の東京都知事への転身、福岡6区は鳩山邦夫氏の死去に伴うもの。
 このふたつも、複雑な事情を抱えている。東京10区では、自民党東京都連の意に背いて小池氏の支持に回った若狭勝氏(59)を、自民党中央が公認候補としてしまった。若狭氏を処分すると息巻いていた自民党都連は沈黙。もう何でもありの仁義なき戦い。
 ここには民進党から鈴木庸介氏(40)が立候補、野党各党も鈴木氏に乗った形だが、民進党は共産党からは距離を置く、という煮え切らない態勢。これではとても野党共闘と言えそうもない。
 同じく福岡6区。ここでは、鳩山氏の次男の二郎氏(37)と蔵内謙氏(35)に自民が分裂。その裏には、蔵内氏を推す麻生太郎財務相と鳩山氏に肩入れする二階俊博幹事長の対立があるといわれる。となれば、一応は野党がまとまった民進党の新井富美子氏(49)の目もあるかと思われるが、そううまくいくかどうか。

 この3つの選挙の帰趨が、安倍首相の解散戦略に影響を及ぼすのは間違いない。もし3つとも自民系候補が勝つようであれば、安倍首相はますます強気になるだろうし「解散権」という伝家の宝刀をいつでも抜ける。
 最初に書いたように、二階幹事長という自民党の大親分が「選挙の風」を煽り出したのは、むろん、安倍官邸とすり合わせた上でのことだ。民進党は新体制が固まっておらず、衆院選の立候補予定者をまだ多くの選挙区で決められていない。しかも、民進党の「野党協力」の本気度も疑われているような状況なのだから、安倍自民党としては、早い時期に衆院選を行ったほうが有利だと考えるのは当然だ。
 その上、自民党の完全補完勢力に成り下がった公明党は、早くも選挙準備に入ったと伝えられる。もう何を言われても、自民党にくっついていくと決めたらしい。公明党の動向がひとつのカギになっていただけに、安倍首相にとっては「解散」のハードルが下がったのだ。
 ということで、来年早々の解散総選挙が取り沙汰され始めた。この選挙で、またも自公+維新などの「改憲勢力」が大勝するようなことになれば、安倍首相はもう何の迷いもなく悲願の「改憲国民投票」に打って出るだろう。そうなれば、国民投票である。

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  2. 2

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  3. 3

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  4. 4

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

  7. 7

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  8. 8

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  9. 9

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  10. 10

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。