記事

シャルル10世の遺骨返還めぐり火花、仏歴史団体と埋葬先

[ノバゴリツァ(スロベニア)/サンドニ(フランス) 12日 ロイター] - フランス国王として唯一外国に埋葬されているブルボン朝最後の王、シャルル10世の遺骨を母国に戻すよう、国内の歴史関連団体が呼び掛けている。これを受け、埋葬先のフランシスコ会修道院があるスロベニアのノバゴリツァでは、反発が広がっている。

スロベニア当局は公式に反応していないが、市長や市民は、シャルル10世は自ら望んだ埋葬先である当地にとどまるべきと主張。市長はロイターに「王は180年間ここで眠っており、われわれの遺産の一部となっている」と述べた。

一方、フランスのロビー団体は、ブルボン家代々が眠るサンドニ修道院の聖堂地下には「2世紀にわたりシャルル10世を待つスペースがある」とし、遺骨をそこに移送するよう訴えている。

シャルル10世はブルボン復古王朝の王として6年間在位したが、1830年の7月革命で退位し亡命。コレラの流行を避けるため都市を転々とし、1836年に現在のノバゴリツァにたどり着いた直後に発病し、この地に埋葬されることを願いながら死去した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    韓国人記者に聞く日韓サッカー観

    森雅史

  10. 10

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。